2015年01月18日

中村哲氏の言葉

中村哲氏(医師、ペシャワール会現地代表)
「戦争の実態をしらない指導者たちが勇ましく吠え、戦の準備をする日本。危機が身近に。祖国が遠くになってきた。」(通販生活2015春号)
IMG_9425.JPG
posted by 後藤富和 at 15:11| 平和

2015年01月15日

日中文化講座

日中文化講座

「転換期あるいは正念場を迎えた中国〜2020年をめざす改革の全面的深化路線の提起〜」
講師 井手啓二(長崎大学名誉教授・日中友好協会参与)

改革・開放の35年、社会主義市場経済の20年…その成果と限界について、井手先生に語っていただきます。

日時 3月6日(金)18:30〜20:30
会場 福岡日中文化センター(福岡市中央区渡辺通2-8-23)
受講料 700円(学生300円)
問合せ 日中友好協会福岡支部(092-761-0604)
posted by 後藤富和 at 18:28| 平和

アジアの平和を考える市民講座

アジアの平和を考える市民講座

【2月】アメリカの隠された戦争と少数独裁政治
講師 安倍陽子(翻訳家)
日時 2月17日(火)14時
会場 ココロンセンター(あいれふ8階)※場所が変わっています。
資料代 500円(学生無料)

【3月】集団的自衛権と自衛隊
講師 団野克己(弁護士・元自衛隊員)交渉中
日時 3月13日(金)14時
会場 ココロンセンター(あいれふ8階)※場所が変わっています。
資料代 500円(学生無料)

主催 アジアの平和を考える市民講座実行委員会(堀田 092-962-0618)
posted by 後藤富和 at 18:19| 平和

2015年01月13日

戦争反対!

戦争反対、集団的自衛権行使反対、憲法改正反対を訴えました。
IMG_9391.JPG
九条の会福岡県連絡会。
posted by 後藤富和 at 17:28| 平和

中国残留孤児帰国者2世

九弁連人権擁護委員会の弁護士、日中友好協会、帰国者1世、2世の皆さんと中国残留孤児帰国者2世に対する保護について議論しました。

九州弁護士会連合会の勧告
http://kyubenren.org/seimei/data/20140620.pdf
posted by 後藤富和 at 17:17| 平和

ラストエンペラー上映会

本日のterra cafe kenpouでは、映画「ラストエンペラー」を視聴します。
今回上映するのは、ディレクターズカット版で、日本公開時にカットされた部分(南京虐殺のシーンなど)がきちんと描かれています。3時間40分の長尺ですので、2回に分けて上映します。本日は前編です。上映に先立ち20分程度、映画評論家の武井賢司さんが解説します。お楽しみに。

日時 2014年1月13日(火)19時-21時
会場 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目)

今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)
posted by 後藤富和 at 10:18| 平和

2015年01月09日

1〜3月のterra cafe kenpou

毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。
今年の初めは、日本と中国の近代史について学びます。
正月の今上天皇のメッセージに「この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています」とありましたが、政治的な行為を禁じられている天皇ですらここまで踏み込まなければならない程、安倍政権は一直線に戦争に突き進んでいます。
集団的自衛権行使の結果、実際に戦場に送られるのは私たち大人ではありません。集団的自衛権や憲法改正について良いも悪いも意思表示できない、今の小学生や幼児たちです。私たちはこの子達の未来を決めようとしているのです。
「問題は過去を克服することではありません。さようなことができるわけはありません。後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険に陥りやすいのです」というのは西ドイツのワイツゼッカー大統領の言葉です。
今こそ、私たちは、満州事変、日中戦争、太平洋戦争へと歩み、アジアの人たち2000万人以上、日本人310万人以上を殺したこの国の歴史を学び、再び同じ道を歩むことがないようにしなければなりません。
まずは、清朝末期から満州国建国、崩壊、中華人民共和国建国、文化大革命の激動の時代を生きた皇帝溥儀、そして満州のフィクサー甘粕正彦を描いた映画「ラストエンペラー」を視聴します。
3月には実際に甘粕正彦のもとで満州映画協会社員として働いた緒方用光さんのお話を伺います。
どうぞお楽しみに。
【1月〜3月のterra cafe kennpouの予定】
1月13日(火)19時 日中近代史 映画「ラスト・エンペラー(前)」視聴
1月20日(火)19時 日中近代史 映画「ラスト・エンペラー(後)」視聴
1月27日(火)19時 憲法講座3「基本的人権の原理、限界」二宮久也(弁護士)
1月30日(金)18時30分 原発問題 映画「みえない雲」視聴(会場:福岡市中央市民センター視聴覚室)
2月3日(火)19時  韓国の社会運動(仮題)日高明子
2月10日(火)18時30分 箱崎まちなか九条の会発会記念アーサー・ビナード氏講演会「おめでたいニッポンに、春は来るのか?」(会場:勝楽寺(東区箱崎3−9−48)、前売1000円、当日1200円)
2月17日(火)19時 憲法講座4「包括的基本権と法の下の平等」三好有理(弁護士)
2月21日(土)13時 やま・かわ・うみ・そらフェスティバルin九州 九州公害被害者総行動実行委員会(会場:天神エルガーラ中ホール、参加費300円)
2月24日 (火)19時 平頂山事件 高尾翠(中国近代史研究者)
3月3日(火)19時 未定
3月10日(火)19時 未定
3月17日(火) 「15年戦争のはじまりと満州国建国、日本と満州国皇帝溥儀」岩佐英樹(元高校教師)
3月22日(日)14時(予定) 「満州国の光と影」熊野直樹(九州大学大学院教授)、「満州映画協会理事長 甘粕正彦」 緒方用光(元日本ヘラルド九州支社長、元満州映画協会社員) 会場未定、参加費500円
3月24日(火) お休み
3月31日(火) 未定
火曜日夜の学習会の会場は光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目)です(1月30日、2月10日、2月21日、3月22日は別会場です)。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)
お問い合わせ 弁護士 後藤富和 Eメール gotou@ohashilo.jp
posted by 後藤富和 at 12:23| 平和

2015年01月05日

明日のterra cafeはお休み

毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。

今週はお休みです。
次回は、1月13日(火)です。
1月と2月は、日本と中国の近代史について学びます。特に、満州国のフィクサーのひとり甘粕正彦に焦点を当てたいと思っています。
まず、2週にわたって、映画「ラストエンペラー」を視聴します。この映画では坂本龍一氏演じる甘粕の、満州映画協会理事長としての表の顔と、阿片を売りさばき皇帝溥儀を人形のように操る裏の顔とが、興味深く描かれています。
お楽しみに。

日時 1月13日(火)19時から
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
内容 映画「ラストエンペラー」(前半)視聴
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)

今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--

憲法講座(全12回)のスケジュール
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU_Lecture.pdf
posted by 後藤富和 at 22:12| 平和

2015年01月01日

新年おめでとうございます

気付いている人はとっくに気付いている、今が「戦前」であることを。

天皇陛下なんて、憲法上、政治的な意見などを述べることを禁じられているのに、ここまで踏み込むんですからね。相当ヤバイってことです。

【天皇陛下新年のお言葉】

 本年は終戦から70年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。この一年が、我が国の人々、そして世界の人々にとり、幸せな年となることを心より祈ります。

【サザンオールスターズ】
IMG_9278.JPG
平和の鐘が鳴る

若い命を無駄にするなと子守唄を唄いながら

過ちは二度と繰り返さんと堅く誓ったあの夏の日


posted by 後藤富和 at 16:36| 平和

2014年12月27日

1月2月のterra cafe kenpouの予定

来年1月2月のterra cafe kennpouのお知らせです。
お楽しみに。

1月6日(火)  休み

1月13日(火)19時 日中近代史 映画「ラスト・エンペラー(前)」視聴

1月20日(火)19時 日中近代史 映画「ラスト・エンペラー(後)」視聴

1月27日(火)19時 憲法講座3「基本的人権の原理、限界」二宮久也(弁護士)

1月30日(金)18時30分 原発問題 映画「みえない雲」視聴(会場:福岡市中央市民センター視聴覚室)

2月3日(火)19時  韓国の障害者運動(仮題)日高明子

2月10日(火)18時30分 箱崎まちなか九条の会発会記念アーサー・ビナード氏講演会「おめでたいニッポンに、春は来るのか?」(会場:勝楽寺(東区箱崎3−9−48)、前売1000円、当日1200円)

2月17日(火)19時 憲法講座4「包括的基本権と法の下の平等」三好有理(弁護士)

2月21日(土)13時 やま・かわ・うみ・そらフェスティバルin九州 九州公害被害者総行動実行委員会(会場:天神エルガーラ中ホール、参加費300円)

2月24日(火)19時 平頂山事件 高尾翠(中国近代史研究者)

火曜日夜の学習会の会場は光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目)です(1月30日、2月10日、21日は別会場です)。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)
お問い合わせ 弁護士 後藤富和 Eメール gotou@ohashilo.jp
posted by 後藤富和 at 12:27| 平和

2014年12月18日

朝鮮学校無償化差別裁判

「九州朝鮮高級学校就学支援金差別国家賠償請求訴訟」の口頭弁論(福岡地裁小倉支部)でした。

次回は、3月19日14時から福岡地裁小倉支部です。傍聴券の抽選がありますので、13時10分に小倉支部ロビーに来てください。
皆さんの支援が必要です。ぜひ傍聴に来て下さい。

朝鮮学校の無償化というと、独裁国家だ、スパイ養成学校だと、朝鮮学校の実態を知らない誹謗中傷がなされます。
でも、今こそ、冷静に考えてください。
この問題は誰の問題か。生徒の問題なんです。政府間の紛争ではありません。生徒の教育を受ける権利の問題です。
日本で生まれ、日本語を話す私たちの子どもと同じ子ども達の権利を、安倍政権は踏み躙っているのです。繰り返し言います。国家対国家の紛争ではないのです。安倍政権が、ひとりの高校生を虐めているという国家ぐるみのヘイトです。国のトップが率先としてヘイトをしているんですから、この国からヘイトスピーチがなくなるわけがありません。

ちなみに国籍による差別でもありません。朝鮮学校に通う高校生には日本国籍の生徒も多くいます。

皆様のご支援をお願いします。
http://msk-f.net/index.html
posted by 後藤富和 at 12:04| 平和

2014年12月16日

憲法講座第2回(全12回)

毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。

今夜は、清田美喜弁護士を講師に憲法講座第2回「総論(国民主権の原理、平和主義の原理)」の学習でした。
24 名が参加。

第1 日本国憲法の基本原理
1 日本国憲法の基本原理
2 基本原理相互の関係
3 憲法前文の法的性質
第2 国民主権の原理
1 主権とは
2 天皇
第3 平和主義の原理
1 日本国憲法の意義
2 憲法9条

年内最後のterra cafe kenpouでした。
年明けは1月13日からです。
年明けは、2週にわたって日中の近代史を描いた映画を視聴します。
お楽しみに。

日時 1月13日(火)19時から
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)

今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--

憲法講座(全12回)のスケジュール
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU_Lecture.pdf
posted by 後藤富和 at 20:57| 平和

2014年12月15日

【明日のterra cafe】憲法講座第2回(全12回)

毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。

明日は、憲法講座第2回「総論(国民主権の原理、平和主義の原理)」清田美喜(弁護士)
年内最後のterra cafe kenpouです。

憲法を読んだことないという方はもちろん、もう一度きちんと学習したいという方や、資格試験や公務員試験、学部の試験対策として憲法を学びたいという方にも最適です。
お楽しみに。

日時 12月16日(火)19時から
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)

今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--

憲法講座(全12回)のスケジュール
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU_Lecture.pdf
posted by 後藤富和 at 18:08| 平和

2014年12月11日

【来週のterra cafe】憲法講座第2回(全12回)

毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。

来週は、憲法講座第2回「総論(国民主権の原理、平和主義の原理)」清田美喜(弁護士)
年内最後のterra cafe kenpouです。

憲法を読んだことないという方はもちろん、もう一度きちんと学習したいという方や、資格試験や公務員試験、学部の試験対策として憲法を学びたいという方にも最適です。
お楽しみに。

日時 12月16日(火)19時から
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)

今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--

憲法講座(全12回)のスケジュール
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU_Lecture.pdf
posted by 後藤富和 at 11:19| 平和

【日弁連】改めて秘密保護法の廃止を求める会長声明

【日弁連】改めて秘密保護法の廃止を求める会長声明

本日、特定秘密の保護に関する法律が施行された。

当連合会は、本法律に対して、国民の知る権利を侵害し国民主権を形骸化するものであるとして、法案段階から再三にわたって反対の意見を表明してきた。その理由は、国が扱う情報は、本来国民の財産として国民に公表・公開されるべきものであるにもかかわらず、本法律は、行政機関が秘密指定できる情報の範囲が広範かつ曖昧であり、第三者のチェックができず、チェックしようとする国民、国会議員、報道関係者等を重罰規定によって牽制する結果、主権者国民が正しい意思決定を行うために必要な情報にアクセスできなくなるからである。

2014年7月26日に国際人権(自由権)規約委員会が日本政府に対して出した本法律に関する勧告意見においても、同様の懸念が表明されているところであり、その施行令や「特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施に関し統一的な運用を図るための基準」等を考慮しても、これらの懸念は、何ら払しょくされていない。しかも、2013年12月の本法律制定過程においても、主権者に対する十分な説明は存在せず、国民的な議論が尽くされたとは到底言えないのであり、民主主義国家における主権者の信任を得たものとはおよそ評価できない。

したがって、まずは本法律を廃止し、制度の必要性や内容について、改めて一から国民的な議論を行うべきである。

当連合会は、政府に対し、改めて本法律の廃止を強く求め、引き続き本法律の廃止のための活動を行っていく所存である。

加えて、国民主権の確立のために不可欠な情報公開制度・公文書管理制度の改正、ツワネ原則に則した、国民の知る権利及びプライバシーの保護の規定を明文化する立法の実現に尽力するとともに、本法律が施行された後も濫用されないよう監視し続けることを表明する。

  2014年(平成26年)12月10日
  日本弁護士連合会
  会長 村 越  進
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2014/141210.html

posted by 後藤富和 at 08:10| 平和

2014年12月10日

開戦前夜

福岡市内の大きな病院に、職員研修として憲法の講演に来ています。
講演に先立ち、職員の皆さんに、沖縄の高江でのヘリパッド建設をめぐる住民たちの非暴力の戦いの映像を観てもらっていました(映画「標的の村」の素材となった琉球朝日放送のニュース映像)。
座り込みを続ける住民の前で防衛局員は工事を強行します。その中、住民達は安里屋ゆんたを唄いカチャーシーを踊って徹底した非暴力で抵抗します。その姿に涙が出ます。

講演のタイトルは「戦争の足音が聞こえる〜今、憲法を考える」です。
これまで憲法について意識することもなかった方々に、憲法を自分の問題として考えてもらいます。
本日、秘密保護法が施行されました。戦争の準備は着々と進んでいます。
戦争の足音どころか、この国は「開戦前夜」に突入しました。

今、この国がどこに進もうとしているのか、皆さんに知ってもらいたい。
弁護士を講師として呼んでください。
たとえ少人数でも私はわが子を戦場に送らないために駆けつけます。
posted by 後藤富和 at 15:43| 平和

2014年12月09日

【terra cafe】憲法9条の国際的価値

毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。
今夜のterra cafeでは、牧師の木村公一さんを講師にお招きし「憲法9条の国際的価値〜私の経験から」についてお話しを伺いました。
31名参加。

国連本部ビル前にある「イザヤの壁」
「彼らはその剣を鋤きに、その槍を鎌に打ち直し、国は国に向かって剣を上げず、二度と戦いのことを学ばない」(イザヤ書2;4)

非武装(無防備)都市宣言(ハーグ陸戦条約1912年、ジュネーブ諸条約第一追加議定書1949年)

オーランド諸島(フィンランド、スウェーデン間)
オーランド諸島をめぐる両国の紛争が武力衝突に発展しようとした時、新渡戸稲造(国連副事務局長)の提案により自治政府が樹立して戦争を回避した(1921年)。
新渡戸裁定(1921年)
@ オーランド諸島の帰属をフィンランド
A 高度の自治、スウェーデンを公用語、固有の文化を保障
B 非武装中立
フィンランドのEU加盟に際し、EUはオーランド諸島の非武装を認めた。
新渡戸稲造の考えは憲法9条の考えを先取りし、歴史の中で具体化している。

憲法9条支持は国際的底流である。
@ ハーグ平和アピール市民社会会議(1995年)
A 国連本部でのミレニアム・フォーラムで9条の国際条約化要請(2000年)
B 9条を守る会(オーバービー名誉教授)「憲法9条とそれを守った日本の市民にノーベル平和賞を」(平和歴史学会)

憲法9条に魂を入れる戦い。様々な思想を持った民衆が「平和」で一致して、非暴力で戦うこと、真の民主革命。非武装抵抗こそ政府が一番恐るもの。現に沖縄でやっている。

ドイツの場合「自由の民主的基本秩序」
憲法の基本価値に当たる部分の改正は許さない「改正禁止規定」をつくった。さらに「自由な民主的基本秩序」を危うくするような政党は、憲法違反として解散させるという規定も作った。

憲法9条の役割
@ アジアの人々に対する日本人の戦争罪責告白
A 国家財源を「防衛」から日本と第三世界の災害救助、教育・福祉・社会インフラ投資へシフト
B 日本政府の外交に大きな幅と可能性を与える。
C 近隣諸国に安心感を与え軍事的緊張を緩和する。
D 平和と貿易による繁栄に有効である。
E 日本政府の力の政策に歯止めの役割を持つ。

アメリカでの平和を求める運動
北米バプテスト平和の会
クェーカー教徒は徴兵拒否で200年戦った(米国フレンズ派奉仕委員会)
ウォール街を占拠せよ!運動(Occupy Wall Street)
ニコラ・ディブス
平和を求める退役軍人の会

被爆海軍兵士の訴訟の会(トモダチ作戦に参加した米軍兵士)

自衛の戦争という考えがある限り戦争はなくならない。
イエスは自衛の戦いすら放棄した。長崎二十六聖人。
天草四郎は武装を選んだ。

もし侵略されたらどうするか?宗教者は如何に応えるか
・単純な「あれか」か「これか」かの二者択一ではなく、選択肢は多くある。
・「もし侵略されたら」徹底的な悲劇が起こる(例、日本軍による南京大虐殺。バターン死の行軍、従軍慰安婦)
・〈殉教〉という道(ガンジー、マーチン・ルーサー・キング、チェ・ゲバラ、ローザルクセンブルグ)
・侵略者に対して暴力は振るわず、人々の盾になって行動する道
・思いがけない解決の道
・沖縄の人々から学ぶ(例、阿波根昌鴻さんの生き方)

戦争は「三人称非人格」で起こる。二人称から一人称に移った時、平和は訪れる。

バグダッドで「人間の盾」となった経験

無関心は愛の欠如

来週は、憲法講座第2回「総論(国民主権の原理、平和主義の原理)」清田美喜(弁護士)
憲法を読んだことないという方はもちろん、もう一度きちんと学習したいという方や、資格試験や公務員試験、学部の試験対策として憲法を学びたいという方にも最適です。
お楽しみに。
日時 12月16日(火)19時から上映
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)

今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--

憲法講座(全12回)のスケジュール
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU_Lecture.pdf
posted by 後藤富和 at 21:35| 平和

2014年12月01日

【terra cafe】木村公一講演会「憲法9条の国際的価値〜私の経験から」

毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。
来週のterra cafeでは、牧師の木村公一さんを講師にお招きし「憲法9条の国際的価値〜私の経験から」についてお話しを伺います。
木村さんは、福岡国際キリスト教会牧師、西南学院大学・福岡大学非常勤講師としての活動と並行して、脱原発運動に取り組まれています。また、インドネシアの慰安婦問題の発掘や、イラク戦争時に人間の盾を志願してバグダッドに乗り込むなど、世界平和の実現に尽力されています。自らの経験を通して体感した「憲法9条」の価値についてお話を伺います。
お楽しみに。
日時 12月9日(火)19時から上映
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)

今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--
12月16日 憲法講座第2回「総論(国民主権の原理、平和主義の原理)」清田美喜(弁護士)

憲法講座(全12回)のスケジュール
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU_Lecture.pdf
posted by 後藤富和 at 13:54| 平和

2014年11月28日

「憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会」連帯メッセージ

11月22日に開催しました福岡県弁護士会主催「憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会」には下記の団体個人からメッセージを頂きました。ありがとうございました。
・戦争を許さない福岡県民委員会
・九条の会・福岡県連絡会(代表世話人石村善治様)
・平和・人権・環境福岡県フォーラム
・民主党福岡県総支部連合会代表 参議院議員 大久保勉様
・日本共産党福岡県委員会委員長 岡野隆様
・社会民主党福岡県連合 代表 渕上貞雄様
・参議院議員 野田国義様
・日本共産党 参議院議員 仁比聡平様
posted by 後藤富和 at 13:14| 平和

2014年11月27日

憲法講座(全12回)

毎週火曜日市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。
憲法講座(全12回)がはじまりました。
憲法を読んだことないという方はもちろん、もう一度きちんと学習したいという方や、資格試験や公務員試験、学部の試験対策として憲法を学びたいという方にも最適です。お楽しみに。
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU_Lecture.pdf
1 総論(憲法と立憲主義、日本憲法史) 
11月25日 後藤富和・55期
2 総論(国民主権の原理、平和主義の原理) 
12月16日 清田美喜・66期
3 基本的人権原理、限界 
1月27日 徳永由華・64期
4 包括的基本権と法の下の平等 
2月17日 三好有理・67期(予定)
5 精神的自由権 
3月17日 八木大和・64期
6 経済的自由権、人身の自由、国務請求権と参政権 
4月21日 清田美喜・66期
7 社会権 
5月19日 徳永由華・64期
8 国会 
6月16日 三好有理・67期(予定)
9 内閣 
7月21日 八木大和・64期
10 裁判所 
8月18日 清田美喜・66期
11 財政・地方自治 
9月15日 徳永由華・64期
12 憲法の保障 
10月20日 八木大和・64期
時間 19時-21時
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)
予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU_Lecture.pdf
posted by 後藤富和 at 20:40| 平和

2014年11月24日

【terra cafe】憲法講座第1回(全12回)

毎週火曜日市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。
明日は憲法講座の第1回(全12回)
憲法を読んだことないという方はもちろん、もう一度きちんと学習したいという方や、資格試験や公務員試験、学部の試験対策として憲法を学びたいという方にも最適です。お楽しみに。
参加希望の方は憲法の条文をご準備ください。六法や判例付きである必要はありません。ネットでダウンロードしたものや、クリアファイルに印刷されたものでもOKです。
1 総論(憲法と立憲主義、日本憲法史) 
11月25日 後藤富和・55期
2 総論(国民主権の原理、平和主義の原理) 
12月16日 清田美喜・66期
3 基本的人権原理、限界 
1月27日 徳永由華・64期
4 包括的基本権と法の下の平等 
2月17日 三好有理・67期(予定)
5 精神的自由権 
3月17日 八木大和・64期
6 経済的自由権、人身の自由、国務請求権と参政権 
4月21日 清田美喜・66期
7 社会権 
5月19日 徳永由華・64期
8 国会 
6月16日 三好有理・67期(予定)
9 内閣 
7月21日 八木大和・64期
10 裁判所 
8月18日 清田美喜・66期
11 財政・地方自治 
9月15日 徳永由華・64期
12 憲法の保障 
10月20日 八木大和・64期
日時 11月25日(火)19時-21時
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
参加費 無料
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)
今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--
posted by 後藤富和 at 08:31| 平和

【福岡県弁護士会主催】憲法違反の集団的自衛権に反対するパレード。

【福岡県弁護士会主催】憲法違反の集団的自衛権に反対するパレード。
IMG_8776.JPG

IMG_8778.JPG

IMG_8782.JPG

IMG_8783.JPG

IMG_8772.JPG

約500人で須崎公園から天神中央公園までをパレードしました。
FullSizeRender.jpg

IMG_8787.JPG
DJ弁護士も博多ぶらぶら弁護士も登場。
IMG_8784.JPG

IMG_8788.JPG
横田つとむ氏撮影
posted by 後藤富和 at 08:23| 平和

2014年11月22日

【福岡県弁護士会主催】憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会

【福岡県弁護士会主催】憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会〜戦争する国になる?〜始まりました。
637人が入る会場は満席です。ロビーにまで人が溢れています。約700人が参加。
IMG_8291.JPG
三浦邦俊弁護士会会長挨拶:基本的人権の擁護を使命とする弁護士が集団的自衛権に反対するのは当然のこと。一人一人の国民がこの問題を自分のことと捉えて考えることが必要。
青井未帆氏(学習院大学教授/戦争をさせない1000人委員会呼びかけ人)の講演。
憲法は権力者を縛るもの。でも安倍氏とその周りの人たちは憲法を都合良く勝手に解釈している。憲法なんていらないとも。
小林節氏(慶応義塾大学名誉教授)の講演。
改憲論者であった小林氏であっても、憲法そのものを蔑ろにせんとする安倍氏の改憲には賛成できない。人殺しを正当化するためのもの。
パネルディスカッション「私たち戦争に行かなければならないんですか?」は、西南学院高校3年生、西南学院大学3年生、九州大学4年生、イラストレーターのいのうえしんぢさん、そして青井氏、小林氏、コーディネーター毛利倫弁護士で行いました。
高校生:集団的自衛権閣議決定に不安を覚えている。週1回のチャペルの時間に平和について考えている。将来、私達が戦争に参加しなければならない。集団的自衛権行使は問題をより複雑化してしまう。私達にはまだ選挙権がない。
西南学院大学生:集団的自衛権閣議決定の時、戦争の足音が聞こえた。でも、周りの友達はそんなに危機感を持たなかった。どこか遠くの話しという認識。この考えが蔓延しているから、暴動も起こらず集団的自衛権閣議決定が行われた。普天間の座り込み、辺野古の抗議行動に参加した。沖縄は日本の縮図。人々は死ぬ気で抗議を行っていた。それを権力者は力だ排除する。人権侵害。民主主義を取り戻す戦い。いつの間にか決まってしまう。民主主義とは言えない。本来、憲法は権力者を抑止するもの。でも、安倍総理は自分は何でもできると考えている。
九州大学生:自分の手が届かないところで決められた。安倍総理は、選挙で勝てば何をしてもいいと考えている。そこには自分たちの利益や思いがない。権力者を縛る憲法が、安倍総理はやすやすと骨抜きにする。だったら憲法は何のためにあるのか。戦争へのリアリティがなくなってきている。
IMG_8294.JPG
いのうえ:デモなんかしなくても酷いことにはならないよと言う人もいる。でも表現の自由が奪われた結果、この国は戦争に突き進んだ。普段から意思表示をすることが大事。「武装より女装」未来は自分たちの手で作っていける。
IMG_8292.JPG

IMG_8293.JPG
青井:選挙権がない人が戦争に行かなければならない。大人は何をしているんだ。民主主義を鍛えること。戦争が始まる段階では自分とは関係のない遠い国の出来事で、かえって景気が良くなったりする。戦争のリアリティがない。高校で平和や憲法の話題が登っているということに安心感を覚えた。いのうえさんの活動に表現の力を感じた。
小林:「武装より女装」と言えば暗い話題が明るくなる。安倍さんは、選挙で信任を得たというが、4割の得票で7割の議席を取っただけ。それが信任を得たといえるのか。民主党も共産党も協力して安倍さんを落とすべき。
高校生:なぜ政府は殊更に尖閣諸島問題などを煽り集団的自衛権を急ぐのか。
青井:ポケットサイズの画面でゲームをしている感覚。マクロで見なくちゃいけないところを国民の目をミクロに向けさせる。必要以上に危機感を煽り、追い風にして、感覚的に集団的自衛権が必要だと思わせる。安倍総理は、武力を背景にしないと外交ができないと思っている節がある。集団的自衛権を道具的に使っている。
九州大学生:尖閣諸島の脅威は国民を煽るためのもの。アメリカはどう考えているのか。
小林:自民党の改憲論者だった時、アメリカから、日本はいつアメリカと一緒になって戦争ができるようになるのかと言われていた。アメリカが望んでいるのは、日本がイギリスのような国になること。
西南学院大学生:沖縄知事選の結果をどう捉えているか。集団的自衛権で真っ先に軍拡が進むのは沖縄。
小林:沖縄県民の怒りが知事選の結果に出た。ただ、知事の権限は限られている。
などなど鋭い議論が続きました。
九州大学生:安倍総理に立憲主義を分からせるにはどうすればいいのか。
小林:言って分かんない奴は落選させる。
毛利:特定秘密保護法と集団的自衛権がセットになることの危険性。
posted by 後藤富和 at 18:27| 平和

2014年11月21日

【明日】集団的自衛権に反対する市民集会(福岡県弁護士会主催)

明日です!
【福岡県弁護士会主催】憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会〜戦争する国になる?〜
1122nowar1.2 (2).jpg
日時 11月22日(土)
   集会:13:30〜
   パレード:16:30〜(須崎公園出発→天神中央公園ゴール)
場所 都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)
講演 集団的自衛権閣議決定の問題点
 ・青井未帆氏(学習院大学教授/戦争をさせない1000人委員会呼びかけ人)
 ・小林節氏(慶応義塾大学名誉教授)
パネルディスカッション「私たち戦争に行かなければならないんですか?」
1122nowar.ura1 (6).jpg
2014年7月1日、安倍内閣は「憲法の考えかた」を変えて、「集団的自衛権を認める」という方針を決めました。
 国のかたちを定めた最高法規「憲法」。その日本国憲法9条では「日本は戦争をしない」と書かれています。これは、歴代の政府が長年繰り返し確認してきたポイントです。立場が異なる人の意見を聞きながら議論をして、多くにほとが納得できる結論を出すのが、民主主義国家としての本来のやり方のはず。国民の声を無視して、議論もないままに内閣の判断だけで集団的自衛権行使を決めてしまったことは大問題です。
IMG_8101.JPG
 私たち福岡県弁護士会は法律家団体として、憲法の存在意義を失わせる、安倍内閣の閣議決定を認めることはできません。この問題は、弁護士だけでなく、この国に住むすべてのみなさん一人ひとりにとって重要です。
IMG_8100.JPG
 みなさん、一緒に私たちの未来を考えるために、集会とパレードに参加しませんか?
地元高校生、大学生もパネリストとして登壇。DJが乗るサウンドカーも登場します。太鼓・鳴りものなどの楽器や、人目をひくかぶりもの、飛び入り参加も大歓迎です。
IMG_8102.JPG
【主催】福岡県弁護士会
【共催】日本弁護士連合会、九州弁護士会連合会
【協力】戦争を許さない福岡県民委員会、九条の会福岡県連絡会
【後援】朝日新聞社、西日本新聞社、毎日新聞社、RKB毎日放送主催 福岡県弁護士会
【問合】福岡県弁護士会 電話092-741-6416
http://www.fben.jp/whatsnew/2014/10/no_war.html
posted by 後藤富和 at 10:48| 平和

2014年11月20日

【土曜日】憲法集会・サウンドデモ

今週土曜日です!
【福岡県弁護士会主催】憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会〜戦争する国になる?〜
IMG_8101.JPG
日時 11月22日(土)
   集会:13:30〜
   パレード:16:30〜
場所 都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)
IMG_8100.JPG
地元高校生、大学生もパネリストとして登壇。DJが乗るサウンドカーも登場します。太鼓・鳴りものなどの楽器や、人目をひくかぶりもの、飛び入り参加も大歓迎です。
IMG_8102.JPG
【主催】福岡県弁護士会
【共催】日本弁護士連合会、九州弁護士会連合会
【協力】戦争を許さない福岡県民委員会、九条の会福岡県連絡会
【後援】朝日新聞社、西日本新聞社、毎日新聞社、RKB毎日放送主催 福岡県弁護士会
【問合】福岡県弁護士会 電話092-741-6416
http://www.fben.jp/whatsnew/2014/10/no_war.html
posted by 後藤富和 at 08:03| 平和

2014年11月13日

【福岡県弁護士会】集団的自衛権に反対

本日昼、福岡県弁護士会は、天神で憲法違反の集団的自衛権に反対する街頭宣伝を行いました。
三浦邦俊福岡県弁護士会会長や、永尾廣久元福岡県弁護士会会長(元日本弁護士連合会副会長)、原田美紀福岡県弁護士会憲法委員会委員長も街頭で訴えました。
IMG_8657.JPG

IMG_8658.JPG

IMG_8659.JPG

IMG_8660.JPG

IMG_8661.JPG

IMG_8662.JPG

IMG_8663.JPG

IMG_8664.JPG
また、若手弁護士も集団的自衛権が「戦争」であること、そして戦場で殺し合いをさせられるのは集団的自衛権を決めた私達ではなく子や孫であること、今反対しないと近い将来子や孫が死ななければならないことなどを訴えました。

【福岡県弁護士会主催】「憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会〜戦争する国になる?〜」が来週に迫ってきました。ぜひご参加下さい。

 2014年7月1日、安倍内閣は「憲法の考えかた」を変えて、「集団的自衛権を認める」という方針を決めました。
 国のかたちを定めた最高法規「憲法」。その日本国憲法9条では「日本は戦争をしない」と書かれています。これは、歴代の政府が長年繰り返し確認してきたポイントです。立場が異なる人の意見を聞きながら議論をして、多くにほとが納得できる結論を出すのが、民主主義国家としての本来のやり方のはず。国民の声を無視して、議論もないままに内閣の判断だけで集団的自衛権行使を決めてしまったことは大問題です。
 私たち福岡県弁護士会は法律家団体として、憲法の存在意義を失わせる、安倍内閣の閣議決定を認めることはできません。この問題は、弁護士だけでなく、この国に住むすべてのみなさん一人ひとりにとって重要です。
 みなさん、一緒に私たちの未来を考えるために、集会とパレードに参加しませんか?
日時 11月22日(土)
   集会:13:30〜
   パレード:16:30〜
場所 都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)
プログラム
1 基調講演「集団的自衛権閣議決定の問題点」
 ・青井未帆氏(学習院大学教授/戦争をさせない1000人委員会呼びかけ人)
 ・小林節氏(慶応義塾大学名誉教授)
2 パネルディスカッション「私たち戦争に行かなければならないんですか?」
 ・地元高校生代表
 ・地元大学生代表
 ・憲法学習市民グループ代表
 ・青井未帆氏
 ・小林節氏
 ・毛利倫(弁護士)
パレード(須崎公園→天神方面)
・DJが乗るサウンドカーも登場します。太鼓・鳴りものなどの楽器や、人目をひくかぶりもの、飛び入り参加も大歓迎です。
【主催】福岡県弁護士会
【共催】日本弁護士連合会、九州弁護士会連合会
【協力】戦争を許さない福岡県民委員会、九条の会福岡県連絡会
【後援】朝日新聞社、西日本新聞社、毎日新聞社、RKB毎日放送主催 福岡県弁護士会
【問合】福岡県弁護士会 電話092-741-6416
http://www.fben.jp/whatsnew/2014/10/no_war.html
posted by 後藤富和 at 13:45| 平和

2014年11月12日

憲法講座(全12回)

毎週火曜日市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。
11月からは月に1度、憲法を体系的に学習します(全12回)。
若手弁護士が講師をつとめます。
憲法を読んだことないという方はもちろん、もう一度きちんと学習したいという方や、資格試験や公務員試験、学部の試験対策として憲法を学びたいという方にも最適です。お楽しみに。

1 総論(憲法と立憲主義、日本憲法史) 11月25日 後藤富和・55期

2 総論(国民主権の原理、平和主義の原理) 12月25日 清田美喜・66期

3 基本的人権原理、限界  1月27日 徳永由華・64期

4 包括的基本権と法の下の平等  2月17日 三好有理・67期(予定)

5 精神的自由権 3月17日 八木大和・64期

6 経済的自由権、人身の自由、国務請求権と参政権 4月21日 清田美喜・66期

7 社会権  5月19日 徳永由華・64期

8 国会  6月16日 三好有理・67期(予定)

9 内閣  7月21日 八木大和・64期

10 裁判所  8月18日 清田美喜・66期

11 財政・地方自治  9月15日 徳永由華・64期

12 憲法の保障  10月20日 八木大和・64期

時間 19時-21時
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)
terra cafe kenpouの予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--
posted by 後藤富和 at 14:28| 平和

【福岡県弁護士会主催】憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会〜戦争する国になる?〜

【福岡県弁護士会主催】「憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会〜戦争する国になる?〜」

パレードで使用するプラカードです。
IMG_8574.JPG

IMG_8575.JPG

IMG_8576.JPG

 2014年7月1日、安倍内閣は「憲法の考えかた」を変えて、「集団的自衛権を認める」という方針を決めました。
 国のかたちを定めた最高法規「憲法」。その日本国憲法9条では「日本は戦争をしない」と書かれています。これは、歴代の政府が長年繰り返し確認してきたポイントです。立場が異なる人の意見を聞きながら議論をして、多くにほとが納得できる結論を出すのが、民主主義国家としての本来のやり方のはず。国民の声を無視して、議論もないままに内閣の判断だけで集団的自衛権行使を決めてしまったことは大問題です。
 私たち福岡県弁護士会は法律家団体として、憲法の存在意義を失わせる、安倍内閣の閣議決定を認めることはできません。この問題は、弁護士だけでなく、この国に住むすべてのみなさん一人ひとりにとって重要です。
 みなさん、一緒に私たちの未来を考えるために、集会とパレードに参加しませんか?

日時 11月22日(土)
   集会:13:30〜
   パレード:16:30〜
場所 都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)
プログラム
1 基調講演「集団的自衛権閣議決定の問題点」
 ・青井未帆氏(学習院大学教授/戦争をさせない1000人委員会呼びかけ人)
 ・小林節氏(慶応義塾大学名誉教授)
2 パネルディスカッション「私たち戦争に行かなければならないんですか?」
 ・地元高校生代表
 ・地元大学生代表
 ・憲法学習市民グループ代表
 ・青井未帆氏
 ・小林節氏
 ・毛利倫(弁護士)
パレード(須崎公園→天神方面)
・DJが乗るサウンドカーも登場します。太鼓・鳴りものなどの楽器や、人目をひくかぶりもの、飛び入り参加も大歓迎です。

【主催】福岡県弁護士会
【共催】日本弁護士連合会、九州弁護士会連合会
【協力】戦争を許さない福岡県民委員会、九条の会福岡県連絡会
【後援】朝日新聞社、西日本新聞社、毎日新聞社、RKB毎日放送主催 福岡県弁護士会
【問合】福岡県弁護士会 電話092-741-6416
http://www.fben.jp/whatsnew/2014/10/no_war.html
posted by 後藤富和 at 13:09| 平和

【今夜】沖縄県民に連帯する福岡県民集会

本日18時から警固公園にて沖縄県民に連帯する福岡県民集会を行います。
先月、韓国で開催された生物多様性条約締約国会議でも、生物多様性の宝庫である辺野古を埋めようとする安倍政権に批判が集中しました。
辺野古の海を埋めても沖縄県民の負担は軽減されません。基地はいりません。
私たちは、戦争反対、新基地建設反対を貫く沖縄県民と連帯して今夜集会を行います。
ぜひご参加下さい。

また、17:30頃から福岡県弁護士会の弁護士で11.22憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会のチラシ配布を行います。お手伝いをお願いします。

●沖縄県民に連帯する11.12福岡県民集会●
http://blog.ohashilo.jp/article/104648683.html
11月12日(水)
集会18:00〜/デモ19:00〜天神周辺
@警固公園(福岡市中央区天神2-2)
地図: http://tinyurl.com/l7kllp7
連絡先:(080-6420-6211青柳)
チラシ表:http://tinyurl.com/m7nqme8
チラシ裏:http://tinyurl.com/jvnhcmu
posted by 後藤富和 at 08:21| 平和

2014年11月07日

【日弁連】集団的自衛権は外国のために戦争すること

「集団的自衛権」は、ほんとうは外国のために戦争することです。
日本弁護士連合会(日弁連)は、集団的自衛権に反対しています。
日弁連のリーフレットがダウンロードできます。ご活用ください。
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/activity/data/constitution/self_defence_qa.pdf
もっと詳しく知りたい方はこちら。
http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/constitution_issue/matter.html#self_defence
posted by 後藤富和 at 14:36| 平和