2012年03月05日

【書籍販売】「原発を廃炉に!九州原発差止め訴訟」

ブックレット「原発を廃炉に!九州原発差止め訴訟」(原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団、原発なくそう!九州川内訴訟弁護団(準)編著)を出版しました。
原発を廃炉に!写真.JPG

フクシマを繰り返すな!九州発−この国から原発をなくそう!
半永久的・壊滅的被害をもたらす原発
国の原子力政策の転換を求める

原発なくそう!九州玄海訴訟の原告になられた方も、また、原告ではないけれども原発は嫌だと思われている方、ぜひご覧ください。

書店では初版本は完売しており、現在第二版を印刷中です。
当事務所でも販売しております。
定価840円のところを800円にて販売しております。
御希望の方は当事務所までメールまたはお電話にてお問い合わせください。
http://www.ohashilo.jp/mail.html

また、引き続き、原発なくそう!九州玄海訴訟の原告を募集しております。
1月31日に1704名で第1次提訴を行い、来週1300名を超える原告が第2次提訴を行い、合計で3000名を超える原告となっています。
私たちは1万人の声で国と九州電力に対して原発の廃炉を求めています。
皆様もぜひ原告になってください。
http://no-genpatsu.main.jp/
この裁判にご興味ある方は遠慮なく当事務所までメールまたはお電話にてお問い合わせください。
http://www.ohashilo.jp/no-genpatsu.html
posted by 後藤富和 at 10:42| ご案内

2012年02月21日

【ご案内】第7回 日韓NGO湿地フォーラム

第7回 日韓NGO湿地フォーラム

■日時・会場(1日目と2日目で会場が異なりますので、ご注意ください)
 2012年2月25日(土)10:00〜17:30
  福岡商工会議所(本所・博多センター)401〜404号室
 (博多駅博多口から徒歩10分、地下鉄祇園駅5番出口から徒歩5分)
  〈地図〉http://www.fukunet.or.jp/info/map_index.html
 2012年2月26日(日)10:00〜15:00
  福岡朝日ビル 13〜14号室(博多駅博多口から徒歩2分)
  〈地図〉http://www.asahibuilding.co.jp/fukuoka/access.html
■参加費(2日間):一般1500円、ラムネットJ会員1000円(当日入会も可)
■主 催:ラムサール・ネットワーク日本(ラムネットJ)
     韓国湿地NGOネットワーク(KWNN)

 ラムネットJでは、2008年に韓国のチャンウォンで行われた第10回ラムサール条約締約国会議(ラムサールCOP10)の準備段階から、韓国の湿地保全関係者と交流し、ラムサールCOP10や、2010年に名古屋で行われた生物多様性条約COP10などの国際会議への対応を協力して行ってきました。今年は7月にルーマニアのブカレストでラムサールCOP11が、9月には韓国のチェジュ島でIUCNの第5回世界自然保護会議(WCC)が開催されます。これらの会議でも日韓のNGOが連携して湿地保全をアピールしていきます。
 今回の日韓NGO湿地フォーラムでは、まず1日目はCOP11やWCCへの準備として、韓国の四大河川、日本の泡瀬、諫早といった公共事業による湿地の危機と、司法の問題について考えます。続いて2日目は、COP11のテーマである「湿地のツーリズム」に関して日韓各地の事例を報告し合い、さらにCOP11でのNGOの課題や取り組みについて検討します。
 一般の方でも、湿地保全やラムサール条約について学びたい方は、ぜひご参加ください。

■第1部 2月25日(土)10:00〜17:30 ※昼食休憩12:00〜13:00
日韓湿地の危機─止まらない公共事業とねじれる司法─
・諫早、泡瀬、上関:堀 良一(ラムネットJ共同代表)
・球磨川、川辺川、荒瀬ダム:つる詳子(自然観察指導員熊本県連絡会副会長)
・オーフス条約:大久保規子(大阪大学大学院法学研究科教授)
・4大河川事業、カンファド潮力発電所……韓国NGO
・ディスカッション
特別報告
・WWN地球湿地賞を受賞した中津干潟:足利由紀子(水辺に遊ぶ会代表)

■第2部 2月26日(日)10:00〜12:30
湿地ツーリズムとレクリエーション
・ラムサール条約と湿地のツーリズム:柏木 実(ラムネットJ共同代表)
・荒尾干潟:高野茂樹(八代野鳥愛好会代表)
・福岡湾:服部卓朗(ふくおか湿地保全研究会理事長)
・ムアン干潟、セマングム:韓国NGO

■第3部 2月26日(日)13:30〜15:00
ラムサールCOP11ガイダンス
・水田と農業に関する決議について:柏木実(ラムネットJ共同代表)
・ラムネットJの参加方針:花輪伸一(ラムネットJ共同代表)
・KWNNの参加方針:韓国NGO
※第3部終了後、COP11に向けての日韓の関係者による意見交換会を行います。

■お問い合わせ
NPO法人ラムサール・ネットワーク日本 TEL/FAX 03-3834-6566
Eメール info☆ramnet-j.org(☆印は@に置換)

☆チラシのPDFファイルはこちらです。
http://www.ramnet-j.org/2012/01/27/j-k_forum7.pdf
☆ウェブサイトにもこの情報を掲載しています。
http://www.ramnet-j.org/2012/01/information/1164.html
posted by 後藤富和 at 14:23| ご案内

2012年02月20日

【書籍紹介】「原発事故と私たちの権利〜被害の法的救済とエネルギー政策転換のために」日弁連編

この度、原発事故被害の救済とエネルギー政策転換に関する本を書き2月5日に出版しましたのでご紹介いたします。

「原発事故と私たちの権利〜被害の法的救済とエネルギー政策転換のために」
日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会編
(明石書店、2500円+税)
http://www.akashi.co.jp/book/b99423.html
99423.jpg

私は海外のエネルギー政策の部分の執筆を担当しました。

脱原発に関する日弁連の意識や今後のエネルギー政策転換に向けた日弁連の提言などをまとめました。

興味ある方は、ぜひご購入ください。
お近くの書店になければamazonなどでもご購入いただけます。

【内容説明】2011年3月11日の東日本大震災に伴う原発事故は、甚大な人権侵害を引き起こしている。日弁連は同年7月、原子力発電と核燃料サイクルからの撤退を求める意見書を発表した。本書は、脱原発に向け法的に何ができるか、弁護士の立場からまとめたものである。
posted by 後藤富和 at 16:48| ご案内

2012年02月19日

【ご案内】本日、東日本大震災被災者のための説明・相談会を開催します。

福岡県弁護士会では,昨年12月に被災者の方のための説明会を開催し,多くの方にお集まり頂きました。その後も東京電力への賠償を巡る問題は,日々刻々と変化しています。そこで,福岡県弁護士会では第2回の説明・相談会を開催することにしました。
前回の説明・相談会にご参加されたかたはもちろん,今回初めてご参加される方もお気軽にお越し下さい。

開催日時 2012年2月19日(日曜日)13時〜16時
(冒頭に弁護士による説明を行った後,ご要望に応じて,個別相談会を実施します)
開催場所 福岡県弁護士会天神弁護士センター
福岡市中央区渡辺通5−14−12南天神ビル2階
・参加費は無料です。
http://www.fben.jp/240219.pdf
posted by 後藤富和 at 11:07| ご案内

【書籍紹介】福島の子どもたちからの手紙

朝日新聞出版刊『福島の子どもたちからの手紙』をご紹介いたします。
昨日早速注文しましたので明日には本が届きます。

 <福島にとどまる子どもたち>
    そとであそんだり  おさんぽをしたり  プールであそべないのがかなしいです。
    またそとであそびたいのでそれをどうにかしてください。プールはいつになったらはいれますか  そとでおもいきりあそびたいです。でも ふくしまにはほうしゃのうがあるのでそとであそべないのでざんねんです。また そとであそべたらいいなとおもいます。        
福島市 小1 高野りりか

<そうり大じんさまへ>
    はやくいわきからほうしゃせんをなくして、すみやすいと ちにしてください。
    あと、日本のげんぱつをなくしてください
    小林愛佳より
いわき市 小3 小林愛佳

    山の木
    川の魚
    海の魚
    森のいき物
    私の夢
    かえしてください
福島市 小学校高学年 啓斗

   ことしはほうしゃのうのえいきょうでプールに入れず、ま た、たくさんの友だちが、ひなんしたり、てんこうしたりして仲の良かった友だ ちが、ほとんどいなくなってしまいました。
    げんぱつさえなければ、という思いでむねがいっぱいにな りました。ぼくにはいもうとがいて、まだ1さいなので、いもうとのしょうら いが、しんぱいです。
     6年生になったらもどってくる友だちや、もしかしたら帰っ てこない友だち、いろいろいるので、少しでも、早く友だちに、すてきなふ るさと、ふくしまに
    かえってきてほしいです!!    
福島市 小5 宗像留椰

<えらい人へ>
    わたしの町はいつになったらきれいになるんですか すん でいてもだいじょうぶなのですか がんにならないのですか
    わたしのまわりの草はいつとってくれるんですか。
    手あらいとうがいマスクだけでいいのですか
    早くそとであそべるようにしてください。       
福島市  小4 佐々木もえ

< 避難した子どもたち>

「わたしは何さいまで生きられますか?」
    なんで、わたしだけ、転校しないといけないんですか、毎 日長そで、長ズボン、マスク、ボウシでとても暑い日にもいっています。外でも 遊べません。まども、去年のようにはあけられません。
    わたしのお母さんは、いつもニュースを見るかパソコンを しています。
    わたしは、2学期から転校します。あと7日間しか、学校に いれません。とってもいやでとってもかなしいです。
    TVでは、福島市○○は安全ですといっているけど、じっさいに、こうえん会にいくと、いろんな人があぶないと言っています。
    他の権の人達も、福島の子供、わたしたちを福島県からにがそうと、いろいろなプロジェクトを考えてくれています。
    なぜ福島市は、ひなんにならないのですか。      
福島市  小5 もえ

・外であそびたい
・ほうしゃのうは、いつなくなるの?
・びょうきになりたくない
・もっとふくしまにいたいけどもういれない       
福島市  小3 西片風

< かんりょうのみなさんへ>
(1)私たち福島の子どもたちは原発事故いらいずーっと 外遊びをしていません。
    早くじょせんをしてください、
(2)原発事故でひなんする人は、学校の友達、家、などをうばわれました、せきにんをとってください、     
福島市 小5 小林茉莉子

<菅そう理大じんへ>
    僕はしょう来サッカー日本だい表になりたいです。でも今 の福島では、いっぱい練習できません。いつになったらほうしゃのうはなくなり ますか。僕は大人になれますか?早く外であそびたいです。家ぞくがはなれてくらすのもいやです。
    友だちとはなれるのもいやです。どうか僕たちをたすけてください。
2011、7、7     
福島市 小3 男の子

<なんで?>
   私は福島県福島市に住んでいました。私は4年生の3学期か らすいそうがく部に入部して、フルートをたんとうすることになりました。お 友達の○○ちゃんと○○ちゃんはサックスをたんとうして、七月のコンクールに むけて練習していました。3月11日、すいそうがくにいこうとした時、教室が大 きな音をたててはげしくゆれました。私はとてもこわくて、早くお母さんに会 いたいなと思いました。
    でも、お母さんはお仕事だったので、なかなかこなくて、 とても不安でした。
    それから家にかえると電気がきれていたり、水が使えなく なったり、最後に原子力発電がばくはつしました。
    お母さんはインターネットでいろいろ調べて、放射能がと てもきけんだと言って、ここにいてはいけないといいました。でも、私はすいそう がく部でフルートをがんばっていたので、「転校したくない!」と言いまし た。でも毎日外に出るときは、ぼうし・めがね・マスク・手ぶくろをしなければ ならず、外しゅつをなかなかできないし、学校では、校庭で遊んではいけない と言われ、私もここいてはいけないと思うようになりました。でもお友達とわ かれたり、すいそうがく部ができなくなるのはつらくて なみだがこぼれました。 お友達はまだ、福島にいます。いろいろなじじょうがあってひなんすることがで きません。だからお友達がしんぱいです。こんなことになってしまった、原発が大きらいです。
    早く原発をなくして福島をきれいにしてみんながもどれる ようにしてください。
    お願いします。      
福島市 小5 裕美

 『福島の子どもたちからの手紙(朝日新聞出版)』(定価1300円+税)より
詳細は以下。
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=13466
posted by 後藤富和 at 10:42| ご案内

2012年02月18日

【ご案内】本日、原発なくそう!福岡集会

本日「原発なくそう!九州玄海訴訟 福岡地区原告団集会〜原告1万人を目指し、すべての原発をなくしましょう!」を開催します。
来られませんか?

もちろん、原告だけでなく、原発問題に関心ある方はどなたでも参加できます。
なくせ原発・九州玄海訴訟福岡2,18集会チラシ.pdf
西日本新聞で「たたかい続けるということ」を連載中の馬奈木昭雄弁護士が基調講演を行います(この講演はスゴイよ!日本中の環境問題に取り組む弁護士が心酔する「馬奈木節」が聴けます)。

日 時: 2月18日(土)14:00〜16:00
場 所:「ホテルサンライン福岡博多駅前内」2階会議室
     福岡市博多区博多駅前4-11-18 電話 : 092-409-2121
     JR博多駅博多口を出て、代々木ゼミナール(対面・ANAホテル)前を住吉神社の方向に歩き、最初の交差点を左折した先です
 地図・交通アクセス http://www.h-sunline.co.jp/bbb/access/
参加費:無料

ご参加お待ちしています。
posted by 後藤富和 at 07:52| ご案内

2012年02月17日

【ご案内】明日、原発なくそう!福岡集会

明日「原発なくそう!九州玄海訴訟 福岡地区原告団集会〜原告1万人を目指し、すべての原発をなくしましょう!」を開催します。
来られませんか?

もちろん、原告だけでなく、原発問題に関心ある方はどなたでも参加できます。
なくせ原発・九州玄海訴訟福岡2,18集会チラシ.pdf

西日本新聞で「たたかい続けるということ」を連載中の馬奈木昭雄弁護士が基調講演を行います(この講演はスゴイよ!日本中の環境問題に取り組む弁護士が心酔する「馬奈木節」が聴けます)。

日 時: 2月18日(土)14:00〜16:00
場 所:「ホテルサンライン福岡博多駅前内」2階会議室
     福岡市博多区博多駅前4-11-18 電話 : 092-409-2121
     JR博多駅博多口を出て、代々木ゼミナール(対面・ANAホテル)前を住吉神社の方向に歩き、最初の交差点を左折した先です
 地図・交通アクセス http://www.h-sunline.co.jp/bbb/access/
参加費:無料

ご参加お待ちしています。
posted by 後藤富和 at 17:36| ご案内

【ご案内】東日本大震災被災者のための説明・相談会〜原発賠償を中心として〜

福岡県弁護士会では,昨年12月に被災者の方のための説明会を開催し,多くの方にお集まり頂きました。その後も東京電力への賠償を巡る問題は,日々刻々と変化しています。そこで,福岡県弁護士会では第2回の説明・相談会を開催することにしました。
前回の説明・相談会にご参加されたかたはもちろん,今回初めてご参加される方もお気軽にお越し下さい。

開催日時 2012年2月19日(日曜日)13時〜16時
(冒頭に弁護士による説明を行った後,ご要望に応じて,個別相談会を実施します)
開催場所 福岡県弁護士会天神弁護士センター
福岡市中央区渡辺通5−14−12南天神ビル2階
・参加費は無料です。
http://www.fben.jp/240219.pdf
posted by 後藤富和 at 17:34| ご案内

2012年02月15日

【ご案内】今度の土曜日、原発なくそう!福岡集会

今度の土曜日「原発なくそう!九州玄海訴訟 福岡地区原告団集会〜原告1万人を目指し、すべての原発をなくしましょう!」を開催します。
来られませんか?

もちろん、原告だけでなく、原発問題に関心ある方はどなたでも参加できます。
なくせ原発・九州玄海訴訟福岡2,18集会チラシ.pdf

西日本新聞で「たたかい続けるということ」を連載中の馬奈木昭雄弁護士が基調講演を行います(この講演はスゴイよ!日本中の環境問題に取り組む弁護士が心酔する「馬奈木節」が聴けます)。

日 時: 2月18日(土)14:00〜16:00
場 所:「ホテルサンライン福岡博多駅前内」2階会議室
     福岡市博多区博多駅前4-11-18 電話 : 092-409-2121
     JR博多駅博多口を出て、代々木ゼミナール(対面・ANAホテル)前を住吉神社の方向に歩き、最初の交差点を左折した先です
 地図・交通アクセス http://www.h-sunline.co.jp/bbb/access/
参加費:無料

ご参加お待ちしています。
posted by 後藤富和 at 10:16| ご案内

2012年02月10日

【書籍紹介】原発事故と私たちの権利

原発事故被害の救済とエネルギー政策転換に向けた書籍を紹介します。
99423.jpg
「原発事故と私たちの権利〜被害の法的救済とエネルギー政策転換のために」
日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会編
(明石書店、2500円+税)
http://www.akashi.co.jp/book/b99423.html

私も執筆を担当しました。
ぜひご覧いただき、今後の活動にご活用ください。
お近くの書店になければamazonなどでもご購入いただけます。

【内容説明】2011年3月11日の東日本大震災に伴う原発事故は、甚大な人権侵害
を引き起こしている。日弁連は同年7月、原子力発電と核燃料サイクルからの撤
退を求める意見書を発表した。本書は、脱原発に向け法的に何ができるか、弁護
士の立場からまとめたものである。
posted by 後藤富和 at 13:16| ご案内

2012年02月07日

【ご案内】さよなら原発!3・11福岡集会

フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
   さよなら原発! 3・11 福岡集会
3月11日(日)13:30集会開始 14:30デモ出発
集会場所: 須崎公園 福岡市中央区天神5丁目8
   地図: http://tinyurl.com/6od2twa
主 催: さよなら原発! 3.11 福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう!九電本店前ひろば(青柳)
    福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
 地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
posted by 後藤富和 at 09:40| ご案内

2012年01月15日

【ご案内】「さよなら原発! 3・11 福岡集会」(仮称)実行委員会準備会のつどい

「さよなら原発! 3・11 福岡集会」(仮称)実行委員会準備会のつどい。
日 時:1月17日(火)18:00から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第270日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから1月14日現在総数1986名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
posted by 後藤富和 at 09:10| ご案内

2011年12月18日

【本日です】東日本大震災のための説明・相談会

東日本大震災被災者のための説明・相談会
〜原発賠償を中心として〜
福岡県弁護士会
http://www.fben.jp/20111218.pdf

東京電力から賠償請求の受付が始まっていますが,被災者の方から「請求書の書き方
が分からない」「説明書が分かりづらい」との声が大きいと報道されています。
そこで,福岡県弁護士会では,被災者の方のための説明会を実施することにしました。

・東京電力へ請求書を出す以外にも損害賠償請求の方法があります!!
・東京電力からの請求書類を急いで出さないと権利を失ってしまうということはありません!!
・東京電力への請求書の送付は弁護士に相談してから!!
※原発賠償に限らず,借金,住宅ローン,雇用,相続,生活などの問題も受け付けます。

開催日時 平成 2 3 年 1 2 月 1 8 日(日曜日)
午前の部 1 0 時〜1 2 時
午後の部 1 4 時〜1 6 時
(それぞれ,冒頭に弁護士による説明を行った後,ご要望に応じて,個別相談会を実施します)
開催場所 福岡県弁護士会天神弁護士センター
福岡市中央区渡辺通5 丁目1 4 番1 2 号
南天神ビル2 階
・参加費は無料です。
・ご予約は原則不要ですが,資料の準備等の関係で
事前にご連絡頂くとスムーズにいきます。
・お問い合わせは天神弁護士センター
(TEL092−741−3208)まで
・時間内であれば,弁護士が待機して,ご相談に応じます。
お気軽にお越し下さい♪
posted by 後藤富和 at 09:25| ご案内

2011年12月08日

「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告募集

真実を呼ぶ1万人原告のひとりになってください。

 私たちは『玄海原発』を廃止するために裁判を起こします。
 あなたも裁判に参加しませんか?
http://yaplog.jp/10000saiban/

 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、未曾有の放射能汚染を引き起こし、原発周辺地域における住民の歴史と文化、生活を奪い去り、日本列島や周辺国の人々や環境に対しても深刻な犠牲を強いています。

 3.11以降の経過は、原発事故が地震や津波のような天災ではなく人災にほかならないこと、原子力発電システムの「安全神話」は虚構であり、人々が安全かつ平穏に生活する権利を蹂躙するものであること、原子力エネルギーを技術的にコントロールできるという考えは「幻想」であり、原子力エネルギーは「荒廃と犠牲」そして破局への道であることを教えてくれました。

   ところが、人災としての原発事故の徹底した原因究明や、多数の原発を立地してきた国や電力会社等の責任を解明する作業も行わないままに、原発の再稼働を進める動きが始まっています。
 しかし、地震列島 日本に原発は危険すぎます。日本にある全ての原発を廃止して、再生可能なエネルギーにより安全で安心して暮らせる社会を子孫に残すことは私たちの責任だと思います。
  
 私たちは、全国で始まっている『原発ゼロ』を目指す運動と連帯し、その一環として、最初に私たちの地元に立地している『玄海原子力発電所』を廃止する裁判に取り組みます。 
 裁判では「安全神話」を振りかざして人倫に反する原発政策を推進してきた国と電力会社の責任を徹底的に解明したいと考えています。
  
 私たちと共に裁判に参加したいとお考えの方は、電話、メールにて大橋法律事務所にお問い合わせください。
    下記お問合せフォームもご活用下さい。
http://www.ohashilo.jp/mail.html

     皆さんのお力をお貸しください。
posted by 後藤富和 at 19:21| ご案内

2011年12月04日

【ご案内】よみがえれ!有明訴訟・福岡高裁傍聴のお誘い

よみがえれ!有明訴訟の迫力ある法廷を見にきませんか?
どなたでも傍聴できます。
裁判を見学する絶好の機会にもなります(一般の民事裁判は極度に書面化され法廷では書類の提出の確認に終始しており市民が傍聴しても何が行われているのか分かりにくいのですが、有明訴訟は、漁民も弁護士も法廷の場で自分の声で訴えますので、市民にも大変わかりやすく、しかも迫力あるものとなっています)。
ぜひご参加下さい

とき  12月5日(月)13時集合
ところ 福岡高裁門前
    13時10分 門前集会
    14時    法廷傍聴
 終了後、裁判所裏の福岡市中央市民センターで報告集会

有明海の環境悪化すすみ漁獲量激減、漁民生活できず
    今年の諫早湾と有明海は環境悪化がさらに深刻になり、魚介類がほとんど取れない「死の海」に近付きつつあります。ノリ漁民もノリの種付けから環境悪化の影響を受け、赤腐れ病の蔓延と大雨後の調整池の汚濁水の大量排水後ノリ芽が流れ過去最悪の状況で今期のノリへの不安が強まり、1日も早い開門をとの漁民の声が高まっています。

農水省、長崎県開門反対派は開門妨害で策動
 農水省は、福岡高裁開門判決確定後1年間、何ら身のある開門協議をに応じず、開門に向けた誠実な対応をしてきていません。長崎県開門反対派は、開門阻止訴訟と同仮処分を長崎地裁に行い、農水省のこれまでと同じ主張を繰り返し、何がなんでも開門に反対しています。原告団、弁護団は開門調査を機に、農業・防災と漁業が両立する農漁共存の対策を示し、長い対立と諍いをなくすため話し合いで解決をと一貫して努力してきました。

 開門判決が出なかった長崎地裁の福岡高裁控訴審がいよいよ始まります。必ず勝利するために多くの漁民、支援者の参加を心から呼びかけます。
posted by 後藤富和 at 20:31| ご案内

2011年12月02日

赤塚不二夫〜漫画展

福岡市中央区天神の赤煉瓦文化館(旧「日本生命福岡支店」)で開催中の、「漫画展 中国からの引き揚げ〜少年たちの記憶」を観に行きました。
赤塚不二夫氏(当時9歳)が、終戦時に、母親と幼い兄弟とで命からがら満州から引き揚げた模様を描いた漫画が胸を打ちました。
絵のタッチは、天才バカボンそのままなんですが、若いお母さんの服をしっかりと握った幼い兄弟(年長のお姉ちゃんは妹を背負っている)が、満州の荒涼とした大地を逃げ回っている絵は衝撃でした。
赤塚不二夫氏の妹は、日本の家にたどり着いた5日後に息を引き取ったそうです。

Wikiで調べると、「残された家族は1946年(昭和21年)に奉天から母の故郷の奈良県大和郡山市に引き揚げた。帰国までに妹(次女)の綾子はジフテリアにより死去し、弟は他家へ養子に出されたため、日本に帰還する頃には兄弟は半数となった。死んだ次女の名を継いだ生後6か月の妹・綾子も、母の実家に辿りついた直後に栄養失調のため死去。その時、赤塚の母親には泣く気力もなく、赤塚は『胸がえぐられるようだった』という」とありました。

決して「これでいいのだ」な人生ではなかったんですね。

漫画展は今度の日曜日(12月4日)まで。
明日12月3日は、うえやまとち氏(クッキングパパ作者)のトークショーもあります。
入場無料ですが、資料代300円が必要です。

漫画展(ポスター).jpg
posted by 後藤富和 at 14:03| ご案内

2011年12月01日

東日本大震災被災者のための説明・相談会

東日本大震災被災者のための説明・相談会
〜原発賠償を中心として〜

福岡県弁護士会
東日本大震災被災者のための説明会チラシ

東京電力から賠償請求の受付が始まっていますが,被災者の方から「請求書の書き方
が分からない」「説明書が分かりづらい」との声が大きいと報道されています。
そこで,福岡県弁護士会では,被災者の方のための説明会を実施することにしました。

・東京電力へ請求書を出す以外にも損害賠償請求の方法があります!!
・東京電力からの請求書類を急いで出さないと権利を失ってしまうということはありません!!
・東京電力への請求書の送付は弁護士に相談してから!!
※原発賠償に限らず,借金,住宅ローン,雇用,相続,生活などの問題も受け付けます。

開催日時 平成 2 3 年 1 2 月 1 8 日(日曜日)
午前の部 1 0 時〜1 2 時
午後の部 1 4 時〜1 6 時
(それぞれ,冒頭に弁護士による説明を行った後,ご要望に応じて,個別相談会を実施します)
開催場所 福岡県弁護士会天神弁護士センター
福岡市中央区渡辺通5 丁目1 4 番1 2 号
南天神ビル2 階
・参加費は無料です。
・ご予約は原則不要ですが,資料の準備等の関係で
事前にご連絡頂くとスムーズにいきます。
・お問い合わせは天神弁護士センター
(TEL092−741−3208)まで
・時間内であれば,弁護士が待機して,ご相談に応じます。
お気軽にお越し下さい♪
posted by 後藤富和 at 13:14| ご案内