2012年11月20日

【ご案内】脱原発キャンドル・ウォーク 12.9

★脱原発キャンドルウォーク 12.9★

●日時 2012年12月9日(日)
    17時30分〜 脱原発トーク
    18時〜    ウォーク出発

●場所 福岡市 須崎公園
●主催 脱原発クルーズ「PEACE&GREEN BOAT2012」
●協賛 さよなら!原発 福岡

キャンドルウォーク2012.12.9.JPG

キャンドルウォーク(裏)_01.jpg

前回同様、鳴りもの(鈴、笛、太鼓、金属片等)を持参して
脱原発の気持ちを少しでも遠くへ届けましょう。

また、今回はキャンドルウォークですので、ろうそく(風よけ必須)や化学発
光体などもご持参ください。 
posted by 後藤富和 at 10:39| ご案内

2012年11月19日

【ご案内】市民運動と私たちの権利学習会(11.22)

第2回『市民運動と私たちの権利』学習会
時間  11月22日(木)18:30〜20:45
場 所  人権啓発センター ココロンセンター
    (中洲川端駅上 リバレイン10F)
資料代 300円

講 師  後藤富和さん(弁護士)
パネラー 金子譲さん(Oneness TV)、
     いのうえしんぢさん(Fight for Your Life)

主 催:ウサギとかめ
問合先:090-4801-6515(横田)

内容:311以降、日本全国で脱/反原発運動が盛り上がっていますが、対照的に不当な逮捕や、弾圧が拡がってしまっています。もしも逮捕されてしまったらどうすれば良いのか、家宅捜索を受けたらどうするのか…そんな時の心構え、具体
的な対応はどうすれば良いのか。また、サウンドデモへの規制、家宅捜査の問題などをの具体例を課題にディスカッションをします。

▼前回の勉強会のレポートはこちらで(写真は第1回目)。
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2068
posted by 後藤富和 at 10:58| ご案内

2012年11月15日

【ご案内】風船プロジェクト(12月8日)

【原発なくそう!九州玄海訴訟 「風船プロジェクト」のご案内】
~もしも玄海原発が再稼働され、過酷事故が起こったら、放射性物質はどのように、そしてどこまで飛散し、私たちに降りそそいでくるのでしょうか?~
「原発なくそう!九州玄海訴訟」の原告が中心となり、「風船プロジェクト実行 委 員会」を立ち上げました。玄海原発周辺より1000個の風船を飛ばし、実際 の放射性物質飛散状況の「見える化」に挑みます!

ぜひ原告の方も、原告でない方も「原発なくそう!」の想いを一つに、一緒に風船を飛ばしませんか?
まず第1弾は下記のとおり。ぜひご参加・ご協力をお願いいたします。

■「 風船プロジェクト」第1弾 
 日 時:12月8日 (土)
     12:00 受付開始 
     13:00 集会
     14:00 風船とばし
 場 所 集会:玄海エネルギーパーク前 の広場
        (佐賀県東松浦郡玄海町今村字浅湖4112-1)
      風船とばし:外津橋(ほかわずばし)
 参加費 大人 500円 高校生以下 無料
 主 催 「風船プロジェクト」実行委員会
 協 賛 さよなら原発・ぎふ、玄海原発対策住民会議、玄海原発プルサーマル裁判の会、九州LOVERS、菜の花プロジェクト
※なお、このプロジェクトは、「さよなら原発・ぎふ」の“原発からの風船風向き調査応援プロジェ クト”を受けて実施されます。
※風船には生分解性のものを使用し紐を短くきるなど環境に配慮いたします。また、イベント終了後周辺のゴミ拾いを行います。
■カンパのお願い(1口 1000円〜)
風船プロジェクトの実施にあたり、諸々の経費がかかります。是非、カンパで応援よろしくお願いいたします!
【振込口座】 
西日本シティ銀行 前原(まえばる)支店 普通1815643 
風船プロジェクト 代表 柳原 憲文
※決算はHPやFB等で公開いたし ます。
■風船メッセージのお願い
風船につけるカードに記載する「反原発の想い」を募集します!50字程度のメッセージを下記の連絡先までメール、またはFAXしてく ださい。
※参加される方は、当日カードにご記入ください。
※イベントの主旨にそぐわないと判断したメッセージは採用しない場合があります。ご了承下さい。
■協賛のお願い
このプロジェクトへ賛同して頂ける(名義後援)団体を募集して
おります。数多くの団体のご参加をお待ちしております。

連絡先:「風船プロジェクト」実行委員会(担当:稲村・田中・柳原)
佐賀中央法律事務所
TEL 0952-25-3121
FAX 0952-25-3123
E-mail:balloonpro2012@gmail.com
URL:http://genkai-balloonpro.jimdo.com/
※Facebook, twitter もあります。
posted by 後藤富和 at 07:45| ご案内

2012年11月08日

【ご案内】地球市民どんたく2012

今週末の

1月10日(土)⇒11日(日)
11:00〜17:00

アクロス福岡2階 交流ギャラリー・セミナー室で行われる
(福岡市中央区天神1−1−1)

国際協力フェスタ
地球市民どんたく2012


僕が支部長を務める「日本中国友好協会(日中友好協会)福岡支部」も活動を展示したりサークル紹介をします。
10日(土)15時からは、日中友好協会福岡支部のワークショップも行います。
週末は是非、地球市民どんたくへ足をお運びください。
http://chikyushimin.jimdo.com/
地球市民どくたく2012_01.jpg

地球市民どくたく2012_02.jpg



★国際協力フェスタ
 地球市民どんたくとは?

 福岡を拠点に国際協力・交流を行う団体が一堂に会し、活動を紹介します。
 民芸品・飲食物の販売も行われます。


子連れでも楽しめますよ。
僕は昨年、モンゴルのブースでゆで卵に合う岩塩を買いました。子ども達はクイズや、大道芸などを楽しんでいました。岩塩は、500円でひと塊りと思っていたら、一袋でした。10年かかっても使い切れない量です。







posted by 後藤富和 at 11:46| ご案内

2012年10月30日

【ご案内】さよなら原発!福岡集会

来る11月11日(日)
冷泉公園にて

「今すぐ原発ゼロへ全国いっせい行動」連帯アクション
さよなら原発!福岡集会

が開かれます。

さよなら原発!福岡集会2012.11.11_01.jpg

さよなら原発!福岡集会2012.11.11_02.jpg

14時からの集会終了後、15時からはデモ行進をします。

デモ行進では「反原発・脱原発」の意志を届けるため
鈴や笛、太鼓などの鳴りものをご用意の上、ご参加ください。

posted by 後藤富和 at 13:44| ご案内

2012年10月21日

【本日】3.11後のフクシマは今(弥永公民館)

講演「3.11後のフクシマは今!」と「原爆写真パネル展」

日時 10月21日(日)13:30-
場所 弥永公民館ホール(福岡市南区)

講演「3.11後のフクシマは今!」
14:00-15:30
講師 後藤富和(弁護士)
「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団の一員として7月に東京電力福島第一原発事故の惨状を現地視察して来られた後藤弁護士からスライドを使って詳細に報告していただきます。

「原爆写真パネル展」
13:30-16:30
67年前、広島・長崎に落とされた原爆による惨状を写真パネルにして30枚、公民館ホールいっぱいに展示します。

主催 弥永9条の会
連絡先 くろさわ 574-5996
posted by 後藤富和 at 10:07| ご案内

2012年10月20日

【本日】原発なくそう!医師の講演DVD&母子疎開体験

本日18:30、福岡市中央市民センター視聴覚室で開催します。皆様ご参加ください。

「原発なくそう!九州玄海訴訟 医師の講演DVD&母子疎開体験」

8月末の第4次提訴により、原告人数も約5000人となりました。これも皆様のご協力とご努力のおかげです。
今回は裁判報告と放射能被害への理解を深める勉強会を企画いたしました。
皆様、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。もちろん原告でない方も大歓迎です。
ご家族やお友達たくさんお誘いあわせの上、ご参加ください。子ども連れでもご
遠慮なく。

内容
◎DVD上映「フクシマの真実と内部被曝(小野俊一医師講演)」
◎母子疎開体験談〜福岡に母子疎開している原告のお話し〜
「避難者の目から見た福島第一原発事故〜かけがえのないフツウの生活」
◎風船プロジェクトの説明など

日時 10月20日(土)18時30分〜20時30分
場所 福岡市中央市民センター2階視聴覚室
福岡市中央区赤坂2丁目5番8号
・(地下鉄)「赤坂駅」2番出口を出て赤坂西の交差点を左折(徒歩約5分)
・(西鉄バス)明治通り赤坂門バス停より、赤坂西の交差点を南へ徒歩約5分
・(西鉄バス)国体道路警固町バス停より北へ徒歩約3分

☆ 原発なくそう!九州玄海訴訟原告の方 
☆ 原告じゃないけど脱原発裁判に関心ある方
☆ 原発に不安を感じている方 
☆ なんとなく話を聞いてみたいという方
 みなさま、ぜひご参加ください。

HP 「原発なくそう」で検索 http://no-genpatsu.main.jp/
主催 原発なくそう!九州玄海訴訟中央区原告の会
posted by 後藤富和 at 10:35| ご案内

2012年10月18日

【土曜日です】原発なくそう!九州玄海訴訟 医師の講演DVD&母子疎開体験

今週土曜日(10月20日)に中央市民センターで行うトークライブについてご
案内いたします。

「原発なくそう!九州玄海訴訟 医師の講演DVD&母子疎開体験」

8月末の第4次提訴により、原告人数も約5000人となりました。これも皆様のご協力とご努力のおかげです。
今回は裁判報告と放射能被害への理解を深める勉強会を企画いたしました。
皆様、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。もちろん原告でない方も大歓迎です。
ご家族やお友達たくさんお誘いあわせの上、ご参加ください。子ども連れでもご
遠慮なく。

内容
◎DVD上映「フクシマの真実と内部被曝(小野俊一医師講演)」
◎母子疎開体験談〜福岡に母子疎開している原告のお話し〜
「避難者の目から見た福島第一原発事故〜かけがえのないフツウの生活」
◎風船プロジェクトの説明など

日時 10月20日(土)18時30分〜20時30分
場所 福岡市中央市民センター2階視聴覚室
福岡市中央区赤坂2丁目5番8号
・(地下鉄)「赤坂駅」2番出口を出て赤坂西の交差点を左折(徒歩約5分)
・(西鉄バス)明治通り赤坂門バス停より、赤坂西の交差点を南へ徒歩約5分
・(西鉄バス)国体道路警固町バス停より北へ徒歩約3分

☆ 原発なくそう!九州玄海訴訟原告の方 
☆ 原告じゃないけど脱原発裁判に関心ある方
☆ 原発に不安を感じている方 
☆ なんとなく話を聞いてみたいという方
 みなさま、ぜひご参加ください。

HP 「原発なくそう」で検索 http://no-genpatsu.main.jp/
主催 原発なくそう!九州玄海訴訟中央区原告の会
posted by 後藤富和 at 18:22| ご案内

2012年10月16日

【ご案内】楽しかおおはし イベント開催のお知らせ

今週末の日曜日

10月21日 12:00〜17:30

当事務所がある大橋駅西口広場にて

明日に架ける(大)橋
楽しかおおはし


が開催されます。

たのしか大橋 チラシ_01.jpg

今回は南区にある大学・短大の学園祭PRイベントのほか
キッズダンスなどもあるようです。

大橋西鉄名店街では「楽しかおおはし」に合わせて
「楽しかショッピング」や
「楽しかランチ」
も開催されます。

今週末はぜひ大橋駅へ!!

posted by 後藤富和 at 10:38| ご案内

2012年10月15日

【明日です】馬奈木昭雄講演「公害、環境破壊から子どもを守る〜ミナマタの経験をフクシマへ」

福岡市立警固小学校では、馬奈木昭雄氏(弁護士、元久留米大学法科大学院教授)をお招きして講演会を開催します。
地域の方々、また公害環境問題に関心がある市民の皆様、ぜひご参加下さい。

日 時 10月16日(火)13時〜15時(開場12時45分)
会 場 福岡市立警固小学校体育館
講 師 馬奈木昭雄(弁護士、元久留米大学法科大学院教授)
テーマ 「公害、環境破壊から子どもを守る〜ミナマタの経験をフクシマへ」
主 催 福岡市立警固小学校PTA

仙台市に住んでいた俵万智さんは、福島第一原発事故に遭い、当時7歳の子を連れて石垣島に移住しました。彼女は次の歌を詠みました。

子を連れて西へ西へと逃げてゆく愚かな母と言うならば言え

まだ恋も知らぬ我が子と思う時「直ちには」とは意味なき言葉

              〜俵万智3・11短歌集「あれから」より〜

3.11事故後に専門家(と称する御用学者)がテレビなどで言った、
「ただちに健康に影響はない」
これを聞いてみなさんはどう思われたでしょうか。

内部被爆ってなんでしょう?
子宮内膜症や不妊症の原因とされる
環境ホルモンとの関係って?
電磁波の健康被害って?
携帯電話は子どもに安全?

こんな疑問について、馬奈木先生にわかりやすくお話していただきます。
テレビのニュースではなかなか得られない情報、福島で何が起きているか実際のお話が聞けることでしょう。
水俣でたたかい続けている馬奈木先生が、福島の現状に挑んだお話です。
校区外のお知り合いの方もお誘いいただければと思います。多数のご参加をお待ちしております。

* ご参加の方は上履き(スリッパ)をご持参ください。
* 入場無料
posted by 後藤富和 at 11:13| ご案内

2012年10月11日

【ご案内】講演会「3.11後のフクシマは今!」

講演「3.11後のフクシマは今!」と「原爆写真パネル展」

日時 10月21日(日)13:30-
場所 弥永公民館ホール(福岡市南区)

講演「3.11後のフクシマは今!」
14:00-15:30
講師 後藤富和(弁護士)
「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団の一員として7月に東京電力福島第一原発事故の惨状を現地視察して来られた後藤弁護士からスライドを使って詳細に報告していただきます。

「原爆写真パネル展」
13:30-16:30
67年前、広島・長崎に落とされた原爆による惨状を写真パネルにして30枚、公民館ホールいっぱいに展示します。

主催 弥永9条の会
連絡先 くろさわ 574-5996
posted by 後藤富和 at 11:07| ご案内

2012年10月10日

【ご案内】講演会「公害、環境破壊から子どもを守る〜ミナマタの経験をフクシマへ」

福岡市立警固小学校では、馬奈木昭雄氏(弁護士、元久留米大学法科大学院教授)をお招きして講演会を開催します。
地域の方々、また公害環境問題に関心がある市民の皆様、ぜひご参加下さい。

日 時 10月16日(火)13時〜15時(開場12時45分)
会 場 福岡市立警固小学校体育館
講 師 馬奈木昭雄(弁護士、元久留米大学法科大学院教授)
テーマ 「公害、環境破壊から子どもを守る〜ミナマタの経験をフクシマへ」
主 催 福岡市立警固小学校PTA

仙台市に住んでいた俵万智さんは、福島第一原発事故に遭い、当時7歳の子を連れて石垣島に移住しました。彼女は次の歌を詠みました。

子を連れて西へ西へと逃げてゆく愚かな母と言うならば言え

まだ恋も知らぬ我が子と思う時「直ちには」とは意味なき言葉

              〜俵万智3・11短歌集「あれから」より〜

3.11事故後に専門家(と称する御用学者)がテレビなどで言った、
「ただちに健康に影響はない」
これを聞いてみなさんはどう思われたでしょうか。

内部被爆ってなんでしょう?
子宮内膜症や不妊症の原因とされる
環境ホルモンとの関係って?
電磁波の健康被害って?
携帯電話は子どもに安全?

こんな疑問について、馬奈木先生にわかりやすくお話していただきます。
テレビのニュースではなかなか得られない情報、福島で何が起きているか実際のお話が聞けることでしょう。
水俣でたたかい続けている馬奈木先生が、水俣と同じことが行われている福島の現状に挑んだお話です。
校区外のお知り合いの方もお誘いいただければと思います。多数のご参加をお待ちしております。

* ご参加の方は上履き(スリッパ)をご持参ください。
* 入場無料
posted by 後藤富和 at 21:10| ご案内

2012年10月09日

【ご案内】原発なくそう!九州玄海訴訟 医師の講演DVD&母子疎開体験(10月20日)

10月20日に中央市民センターで行うトークライブについてご案内いたします。

「原発なくそう!九州玄海訴訟 医師の講演DVD&母子疎開体験」

8月末の第4次提訴により、原告人数も約5000人となりました。これも皆様のご協力とご努力のおかげです。
今回は裁判報告と放射能被害への理解を深める勉強会を企画いたしました。
皆様、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。もちろん原告でない方も大歓迎です。

内容
◎DVD上映「フクシマの真実と内部被曝(小野俊一医師講演)」
◎母子疎開体験談〜福岡に母子疎開している原告のお話し〜
「避難者の目から見た福島第一原発事故〜かけがえのないフツウの生活」
◎裁判報告(第2回口頭弁論結果ほか)

日時 10月20日(土)18時30分〜20時30分
場所 福岡市中央市民センター2階視聴覚室
福岡市中央区赤坂2丁目5番8号
・(地下鉄)「赤坂駅」2番出口を出て赤坂西の交差点を左折(徒歩約5分)
・(西鉄バス)明治通り赤坂門バス停より、赤坂西の交差点を南へ徒歩約5分
・(西鉄バス)国体道路警固町バス停より北へ徒歩約3分

☆ 原発なくそう!九州玄海訴訟原告の方 
☆ 原告じゃないけど脱原発裁判に関心ある方
☆ 原発に不安を感じている方 
☆ なんとなく話を聞いてみたいという方
 みなさま、ぜひご参加ください。

HP 「原発なくそう」で検索 http://no-genpatsu.main.jp/
主催 原発なくそう!九州玄海訴訟中央区原告の会
posted by 後藤富和 at 09:05| ご案内

2012年10月08日

【ご案内】講演「3.11後のフクシマは今!」と「原爆写真パネル展」

講演「3.11後のフクシマは今!」と「原爆写真パネル展」

日時 10月21日(日)13:30-
場所 弥永公民館ホール(福岡市南区)

講演「3.11後のフクシマは今!」
14:00-15:30
講師 後藤富和(弁護士)
「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団の一員として7月に東京電力福島第一原発事故の惨状を現地視察して来られた後藤弁護士からスライドを使って詳細に報告していただきます。

「原爆写真パネル展」
13:30-16:30
67年前、広島・長崎に落とされた原爆による惨状を写真パネルにして30枚、公民館ホールいっぱいに展示します。

主催 弥永9条の会
連絡先 くろさわ 574-5996
posted by 後藤富和 at 14:15| ご案内

2012年10月06日

【本日です】中国映画上映会

日中国交回復40周年記念企画として

甦る新中国草創期懐かしの名画連続上映会

が開催されています。

第10回中国映画を見る会(ポスター).pdf

第10回中国映画を見る会(チラシ).pdf

本日が最終回。
10月6日(土)−コミセンわじろ
10:00 白毛女
12:30 阿片戦争
15:00 五人の娘

主催:中国映画を観る会
共催:日中友好協会福岡支部

問い合わせ先:092−781−2817(福岡映画サークル協議会)
       092−751−9754(福岡日中文化センター)


興味のある方は是非ご参加ください。
posted by 後藤富和 at 08:52| ご案内

2012年09月27日

【本日です】学習会「みんなでデモれば怖くない」

本日、学習会「みんなでデモれば怖くない」です。
ぜひおこしください。

先の8月17日、九電本店前ひろばに、多数の警官、公安が来て、異様な雰囲気でした。そこに偶然通りかかり、市民の権利について、おまわりさんたちに懇々と説き聞かせてくれた素敵なヒーロー、弁護士の後藤さんを覚えていらっしゃいますか?その弁護士さんを囲んで「市民運動と私たちの権利」というテーマで勉強会があります。

「権対」なんかを念頭にデモを組織している側の人はもちろん、初めてデモに参加してみようかなとお考えの方も、みんなに来てほしいけど、会場は先着50名ですので。講演が始まる30分前から開場なので、同時展示の、あんくるトムさんの「さよなら原発この一年」の写真展もお楽しみください。

勉強会「みんなでデモればこわくない \(^o^)/ 市民運動と私たちの権利」
日 時 9月27日(木18:00開場 18:30〜お話と質議
場 所 軽食喫茶みらい2F(日赤前バス停前。マクドナルド向かい側)
講 師 弁護士 後藤富和さん
参加費 資料代300円
展 示 「さよなら原発この1年」写真展示
主 催 「脱原発・うさぎとカメ」。 
懇親会 20:00〜 1F軽食¥1000+ドリンク代各自(21時閉店)
問合せ 090-4801-6515(横田)
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2067
posted by 後藤富和 at 07:48| ご案内

2012年09月20日

【お知らせ】九州北部豪雨災害復興支援イベント

来る9月23日(日)に
九州北部豪雨災害復興支援として
当事務所がある大橋にて

巨峰ワイン・若竹屋 復興支援イベント

が開催されます。

386803_252501771536515_2080367988_n.jpg

楽しく食べて、飲んで支援しましょう。

是非、ご参加ください。
posted by 後藤富和 at 10:23| ご案内

2012年09月04日

【ご案内】中国映画上映会

日中国交回復40周年記念企画として

甦る新中国草創期懐かしの名画連続上映会

が開催されます。

第10回中国映画を見る会(ポスター).pdf

第10回中国映画を見る会(チラシ).pdf

9月15日(土)、9月22日(土)、9月23日(日)−アミカス4Fホール
10月6日(土)−コミセンわじろ
(詳しい日程と会場・時間は↑チラシをご覧下さい)

主催:中国映画を観る会
共催:日中友好協会福岡支部

問い合わせ先:092−781−2817(福岡映画サークル協議会)
       092−751−9754(福岡日中文化センター)


興味のある方は是非ご参加ください。

尚、数に限りがありますが、当事務所でもチケットを取り扱っております。
下記までお問い合わせください。
http://www.ohashilo.jp/mail.html
posted by 後藤富和 at 11:21| ご案内

2012年05月17日

【ご案内】講演会「玄海原発を考える」

原発の放射能汚染とはどういうことなのでしょうか?
福岡市では原発の汚染土壌の搬入と処理を見合わせています。
どの様な問題があるのでしょうか?
私たちにとっては不安なことだらけです。
中国の原発の現状等も皆さんと一緒に考えてみましょう。

講師  三好永作先生(九州大学名誉教授)
日時  5月19日(土)18時
場所  福岡日中文化センター(福岡市中央区渡辺通2-8-13樋口ビル3階)
参加費  500円
主催  日中友好協会福岡県連合会
申込・問い合わせ  日中友好協会福岡県連合会(電話092-761-0604)
posted by 後藤富和 at 07:57| ご案内

2012年05月08日

原発なくそう!九州玄海訴訟支援集会のご案内

○●○・原発なくそう!九州玄海訴訟 支援集会・○●○
   ジャーナリスト 岩上安身氏に聞く
      「隠されたフクシマの真実と教訓」
と き:5 月13 日(日)14 時〜16時(13時半開場)
ところ:佐賀市民会館ホール
チケット:700 円(当日800 円)
主催:原発なくそう!九州玄海訴訟原告団・弁護団
お問い合わせ:佐賀中央法律事務所 0952-25-3121
予約申し込み[メール]513@sagankai.jp [電話]080-1725-9735(後藤)

 岩上 安身(いわかみ やすみ)氏 プロフィール
1859 年東京生まれ。フリージャーナリスト、ノンフィクション作家、浅井企画 所属のタレント。
早稲田大学卒業後、出版社勤務を経てフリージャーナリストとなる。『現代』 『文芸春秋』『週刊ポスト』『週刊現代』『週刊文春』『Number』『中央公論』『別冊宝島』『正論』など各誌に寄稿。
テレビのドキュメンタリー番組のレポーターやコメンテーターもつとめる。支援 者からのカンパを主な収益源とする株式会社「IWJ(Independent Web Journal:インディペンデ ント・ウェブ・ジャーナル)」代表でもある。

※当日は、岩上氏講演に加えて「原発なくそう! 九州玄海訴訟」の裁判についての説明、人見やよいさん(原発いらない福島の女たちの世話人)による福島の現状報告があります。
集会後は佐賀県庁まで“原発なくそう! アピールウォーク”(10 分程度)をおこないます。
どなたでも参加できます!のでぜひ一緒に、原発いらない!! の意思表示をしましょう!
posted by 後藤富和 at 15:57| ご案内

2012年05月02日

【シンポジウム】徹底検証・人権からみた原発

第21回憲法記念行事シンポジウム「徹底検証・人権からみた原発」
http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2012/120512_2.html

日時:2012年5月12日(土)13時〜17時(開場12時30分)
場所:弁護士会館2階講堂「クレオ」(東京・霞が関)


3・11東日本大震災により引き起こされた福島第一原子力発電所事故は、私たち自身の人権という視点で捉え直すとどのような問題となるのでしょうか?
原因は?どのようにすれば今後同様の被害を防止できるでしょうか?

以下の三部構成で、皆さまと一緒に考えて行きたいと思います。

第1部  現地報告報告者
 坂本 充孝 さん(中日新聞大阪支社編集部部長)

第2部  スタンダップコメディー「俺を止めるな原発を止めろ!」
 松元 ヒロ さん(一人芝居者)

第3部  パネルディスカッション

パネリスト
 鎌田  慧 さん(ルポライター)
 諸葛 宗男 さん(東京大学公共政策大学院特任教授)
 山崎 栄一 さん(大分大学準教授)

コーディネーター
 西田 美樹 さん(弁護士)


※ 臨時託児室(対象:未就学児)を設置します

臨時託児室のご利用にあたっては、5月8日(火)までに、下記問い合わせ先まで、お電話でお申し込みください。

主催:日本弁護士連合会 東京弁護士会 第一東京弁護士会 第二東京弁護士会

お問い合わせ:東京弁護士会 人権課(担当:河村)TEL:03−3581−2205
posted by 後藤富和 at 07:37| ご案内

2012年04月26日

【ご案内】国の情報は誰のもの?−危ない!秘密保全法−

尖閣沖漁船衝突事件や、国際テロ対策に係るデータのインターネット上への流出事件等を契機に政府は今秘密保全に関する法制の整備のための法案(以下「秘密保全法」)を作ろうとしています。
 
政府が秘密保全法作成にあたり招集した有識者会議の報告書(平成23年8月8日)によれば今作成が準備されている秘密保全法は政府、行政機関の情報(@国の安全A外交に関する情報に限らず、B公共の安全及び秩序の維持に関する情報を含む「特別秘密」)について広くその漏洩行為等(漏洩行為の独立教唆、煽動行為、共謀行為、特定取得行為等)を重罰をもって禁止することを内容としています。
また特別秘密を扱う本人のみならず配偶者等身近にいる者への人的管理(調査、適性評価)も内容とされています。
 
このような秘密保全法が成立すれば、例えば原発や放射能に関する情報は「特別秘密」に該当し、明らかにされないだけでなく、これを取材する報道機関も罰せられるおそれがあるため取材、報道ができないというような事態が生じ、国民の知る権利に多大な影響が生ずる可能性があります。
そこで、今回は情報メディア法研究の第一人者である田島泰彦氏、沖縄密約の問題で知られる元毎日新聞記者の西山太吉氏、西日本新聞論説委員長である中川茂氏をお招きし秘密保全法の問題点・危険性について考えを深めたいと思います。多数の皆様のご参加をお待ちしております。
 
「国の情報は誰のもの?」
−危ない!秘密保全法−
日寺:平成24年4月28日(土曜日)午後2時30分〜午後5時
場所:天神ビル(福岡パルコ向かい)11階11号会議室
 
■基調講演「秘密保全法の問題点(仮題)」 田島泰彦氏(上智大学文学部新聞学科教授、専門:憲法、情報メディア法)
■パネルディスカッション 
 (パネリスト)  
 田島泰彦氏
 西山太吉氏
 中川茂氏(西日本新聞論説委員長)
※参加費無料(事前予約不要)
http://www.fben.jp/whatsnew/2012/04/post_257.html
posted by 後藤富和 at 07:24| ご案内

2012年04月08日

【ご案内】諫早湾閉め切り15年〜深刻化する有明海漁業被害と農漁共存の水門開放

諫早湾干拓事業による諫早湾閉め切りから15年が経過しました。この間、新たな干拓地での営農が始まる一
方、諫早湾はもとより有明海での漁業被害は年々深刻化しています。
 2010年12月には、3年間の猶予の後に5年間にわたる常時開門を命じる判決が確定しましたが、開門の
準備は停滞したままです。判決は、事業による漁業被害を認め、今が違法状態にあることを前提に開門義務を認
めたものですが、国は開門に反対する地元住民の理解が得られていないとして、現実にいま被害を受けている有
明海漁民の救済には目を背け、違法状態の解消に不誠実な態度を取り続けています。
 集会では、農漁共存の開門実現に向けての課題や未来への展望を考えます。

【集会】
  日時: 2012年(平成24年)4月14日(土) 13時30分 〜17時 (13時開場) 
  会場: 諫早市高城会館・講堂  (諫早市高城町5-25)TEL 0957-24-1500
  資料代: 500円 (どなたでも参加できます。) 
  駐車場: 無し(最寄りの有料駐車場または上山公園をご利用ください。)

  内容:
   ◇コーラス 「干潟の海の詩」合唱団
   ◇講演 「潮受け堤防の水門を開放すると、調整池、諫早湾、有明海奥部で
          どのような環境の変化が起きると期待されるか?」
         ●講師 堤 裕昭 熊本県立大学教授 
   ◇「開門を巡る現状と課題」 よみがえれ有明訴訟弁護団 堀良一事務局長
   ◇諫早・現地報告、有明海沿岸漁業者からの現状報告
   ◇参加者との意見交換
posted by 後藤富和 at 08:05| ご案内

2012年03月20日

【ご案内】明日シンポジウム「いま"原発"を考える」

明日開催する福岡県弁護士会主催のシンポジウム「いま"原発"を考える」をご案内します。 

福岡県弁護士会では、明日3/21に原発シンポジウムを開催します。講師は吉岡斉先生(九州大学教授、福島第一原発事故調査・検証委員会委員、原子力委員会専門委員)です。 
多くの方に聴いていただければと思っています。 
中高生や大学生にもぜひ聴いてもらいたいと思っています。 
皆さん、お誘い合わせの上ご参加下さい。 
fb20120321.jpg

講演会 「いま、"原発"を考える」 
福岡県弁護士会主催にて,「いま、"原発"を考える」と題する講演会を開催いたします。
昨年3月11日の福島第一原発事故から1年が経過する時期に、九州大学教授・副学長の吉岡斉先生をお招きします。政府の福島原発事故調査・検証委員会における調査・検証の成果も踏まえながら、原発の安全性、危険性、制御可能性、代替可能性について、語っていただきます。弁護士会の取組みについても報告いたします。 
ぜひご参加いただけますようご案内いたします。
参加無料です。 

日時:2012年3月21日(水)午後6時〜 
場所:アクロス福岡4階・国際会議場 福岡市中央区天神1−1−1 
主催:福岡県弁護士会 お問い合わせ先:092−741−6416 
http://www.fben.jp/whatsnew/2012/02/post_255.html
posted by 後藤富和 at 08:27| ご案内

2012年03月16日

【ご案内】弁護士会シンポジウム「いま"原発"を考える」

福岡県弁護士会主催のシンポジウムをご案内します。

福岡県弁護士会では、下記の通り3/21に原発シンポジウムを開催します。講師は吉岡斉先生(九州大学教授、福島第一原発事故調査・検証委員会委員、原子力委員会専門委員)です。
多くの市民に聴いていただければと思っています。
中高生や大学生にもぜひ聴いてもらいたいと思っています。
皆さん、お誘い合わせの上ご参加下さい。
fb20120321.jpg
講演会 「いま、"原発"を考える」
福岡県弁護士会主催にて,「いま、"原発"を考える」と題する講演会を開催いたします。
昨年3月11日の福島第一原発事故から1年が経過する時期に、九州大学教授・副学長の吉岡斉先生をお招きします。政府の福島原発事故調査・検証委員会における調査・検証の成果も踏まえながら、原発の安全性、危険性、制御可能性、代替可能性について、語っていただきます。弁護士会の取組みについても報告いたします。
ぜひご参加いただけますようご案内いたします。

日時:2012年3月21日(水)午後6時〜(入場無料)
場所:アクロス福岡4階・国際会議場 福岡市中央区天神1−1−1
主催:福岡県弁護士会 お問い合わせ先:092−741−6416

http://www.fben.jp/whatsnew/2012/02/post_255.html
posted by 後藤富和 at 12:02| ご案内

2012年03月14日

【ご案内】佐賀大学シンポジウム「諫早湾潮受堤防開門調査と有明海異変問題」

諫早湾潮受堤防開門調査と有明海異変問題「有明海における環境変化の解明と予測プロジェクト」中間報告シンポジウム
http://www.ilt.saga-u.ac.jp/event.html

主催:佐賀大学低平地沿岸海域研究センター
日時:2012年3月17日(土)13:00-17:15
場所:佐賀大学理工学部6号館1F都市工学科大講義室

2011年12月に福岡高裁において、諫早湾潮受堤防の5年間の開門調査を行うことが確定しました。 開門調査によって、有明海異変問題の解消への期待がある一方、諫早湾の一時的な環境悪化に対する懸念、営農地への塩害に対する懸念などもあり、そのために地元では深刻な意見の対立があります。 現在、諫早湾の問題を含めてこの先有明海をどのように保全し、どのように利用していくかについてのビジョンも見えていません。 

佐賀大学低平地沿岸海域研究センターでは、2011年より、「有明海における環境変化の解明と予測プロジェクト」を行っており、有明海の異変問題について継続的な研究を進めるとともに、今回の開門調査に向けて調査、研究を行っています。 

本シンポジウムでは、佐賀大学での取り組みの中間報告を兼ねて、開門後の現時点での環境変化予測、今後の取り組み課題、地元民の合意形成に向けた社会科学的研究課題等について発表し、諫早湾を含めて有明海の今後のあり方について考えたいと思います。

お問合せ 〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄町1 
佐賀大学低平地沿岸海域研究センター事務室 
TEL:0952-28-8846
posted by 後藤富和 at 07:32| ご案内

2012年03月11日

【ご案内】日弁連:原子力代替エネルギーセミナー

原子力代替エネルギーとしての再生可能エネルギーを拡大していくための、電力システム改革の観点からのセミナーのご案内です。

3月12日午後6時〜8時
日弁連会館1701号室


■再生可能エネルギー促進と電力自由化の関係

高橋洋(たかはし・ひろし)氏(富士通総研経済研究所主任研究員)

■自由化の後、ドイツで起きたこと 〜発送電分離の重要性

千葉 恒久(ちば・つねひさ)氏(弁護士、日弁連公害対策・環境保全委員会特
別委嘱委員)


高橋氏は基本問題委員会委員。東京電力を含む電力システム改革の情報最前線です。

また、ドイツ事情に詳しい千葉弁護士からは、1998年 ドイツの電力自由化
によって何か起こったかを、多面的な角度から実証的に報告いただきま す。
ドイツ起きたことは、日本でも起こりうること、また、起こしうることでもある
と思います。ここから学ぶことは大きいと思います。

http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2012/120312.html


貴重な機会ですので、どうぞ、ご参加ください。
posted by 後藤富和 at 21:27| ご案内

2012年03月10日

カクマクシャカ・ライブ@さよなら原発!3・11福岡集会

明日の「さよなら原発!3・11福岡集会」(須崎公園)でライブを行うカクマクシャカ(沖縄)って?

沖縄在住のラップのアーティスト「カクマクシャカ」。
2004年の沖縄国際大米軍ヘリ墜落事件を題材にした「民(たみ)のドミノ」をはじめ、社会問題をテーマにしたメッセージ性の高い楽曲群をリリース。
エネルギー問題でも、六ヶ所村再処理工場反対運動(2006年)に取り組み、その運動体からリリースした「無知の知」という楽曲では、原発、核、無関心、想像力などを高らかにメッセー
ジへ織り込む。またShingo02や加藤登紀子などとの共作、共演もやっていて、まだ若い彼の発展性と拡がりに期待が集まっている。
kakumaku1008-2.jpg

3.11にどんな想いで、何をするかは自由だ。
だが、その自由は、本当に自由だろうか。
確かめるために集まり、声をあげてみるのは悪くない。
私達の「自由」を「不自由」に背負わされる子ども達。
私は手にした自由で、須崎公園へ向うと決めた。/カクマクシャカ
 

◆カクマクシャカHP
http://kakumakushaka.com

◆youtube
「623」

「無知の知」

「IMAGE NOTHIN」
posted by 後藤富和 at 11:01| ご案内

2012年03月09日

【ご案内】今度の日曜日「さよなら原発!3.11福岡集会」

フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
   さよなら原発! 3・11 福岡集会
top.jpg
3月11日(日)13:30集会開始 15:00パレード出発
ブログ:http://0311fuk.blog.fc2.com/
  集会場所: 須崎公園 福岡市中央区天神5丁目8
   地図: http://tinyurl.com/6od2twa
主 催: さよなら原発! 3.11 福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう!九電本店前ひろば

福島第一原発事故から1年が経とうとしています。
原発からまき散らされてしまった放射性物質は、様々なかたちの被害となって広がり続けています。
そして今なお現地には、被ばくし続けながら日夜、収束作業にあたって下さっている方々がいます。

昨年3月11日の震災は、私たちにこの国のいろいろな問題をつきつけました。
一人一人が声をあげ、日本を生まれ変わらせていくことが、命を落とされた方々への追悼に、そして今なお命の危険にさらされている方々への希望に、なりはしないでしょうか。
一緒に歩きつづけましょう。

人の命をおびやかす原発でつくる電気はいりません。
今、ここから〜 原発のない未来へ


▼おねがい

この集会にはいろいろな個人、団体が「原発を止めたい」という気持ちをひとつに集まります。

道行く人達に私たちのメッセージをわかりやすく伝えていくために、「反原発・脱原発」というテーマの旗、のぼり、プラカードなどを 是非ご持参ください。

”フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ”

思いのこもった脱原発のキャッチコピーも募集しています。
みなさんの想い思いの言葉をのせてご参加ください。

このデモは、あなたひとりひとりが主役です。
私たちの気持ちを少しでも遠くへ届けるため、鈴、笛、太鼓などの鳴りものも是非ご用意ください。

ご協力をどうぞよろしくおねがいします。
posted by 後藤富和 at 12:32| ご案内

2012年03月07日

【ご案内】日曜日はさよなら原発福岡集会

フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
   さよなら原発! 3・11 福岡集会
top.jpg
3月11日(日)13:30集会開始 14:30デモ出発
ブログ:http://0311fuk.blog.fc2.com/
  集会場所: 須崎公園 福岡市中央区天神5丁目8
   地図: http://tinyurl.com/6od2twa
主 催: さよなら原発! 3.11 福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう!九電本店前ひろば
    090-1324-8588(ひろば)080-6420-6211(青柳)
チラシ設置場所
http://0311fuk.blog.fc2.com/blog-category-5.html
「このお店(など)にもチラシを置きました!」という情報をお持ちの方は、
ホームページ掲載の許可をお店(など)に取っていただいた上で、
「店名/業種/住所/電話番号/HP」の情報を0311.fukuoka@gmail.com
までお寄せください。随時、更新していきます。

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★
posted by 後藤富和 at 16:28| ご案内