2013年12月24日

よみがえれ!有明訴訟・間接強制申立

有明海の再生に取り組む私達の同志である大串博志衆議院議員(民主党)。
写真.JPG
タイラギ潜水漁師の平方宣清さん。
写真.JPG
長崎県島原市の漁師吉田訓啓さん。「南総」以来の諫早湾干拓事業を巡る長く苦しい戦いを語っています。
写真.JPG
今の有明海が死の海になっていて、今年最後の漁がわずか魚15匹で終わったこと。
来年どうやって生活すれば良いのか、苦しさをにじませる長崎県の漁業者中田猶喜さん。
写真.JPG
佐賀のノリ養殖漁師の川崎賢朗さん。
長崎県諫早市小長井町の漁師松永秀則さん。
長崎県瑞穂漁協組合長の石田徳春さん。
熊本県横島漁協組合長の中尾さん。
熊本県河内漁協の木村さん。
写真.JPG
皆さん、宝の海有明海の再生、農漁共存の地域繁栄を訴えています。
木村さん「堪忍袋の緒が切れた!」

これから漁民達とともに佐賀地裁に間接強制を申し立てます。
写真.JPG
posted by 後藤富和 at 14:24| 有明海