2013年09月25日

昨夜はterra cafe kenpou

昨夜はterra cafe kenpouでした。15名が参加。
前半は「綾瀬はるか『戦争』を聞く」を視聴。
6歳の少女が見た"変わり果てた長崎"
原爆症で寝たきりとなった父親を介護しなければならなくなった6歳の少女。谷恵美子さんのお話。
恵美子さんは6歳から12年間、父親を介護します。
父は、幼い子に苦労をかけている現実から脱却しようと、娘を連れて自殺を図ります。異変に気づいた娘が父を止めます。

後半は、魚住昭三弁護士(長崎)を講師に原爆症の問題についてお話しいただきました。
魚住弁護士が聴き取った被爆者の体験、ヨルダンやシリアで見聞きした劣化ウラン弾の影響。
将来の福島。
ワシントンで9.11を経験した話、そして、戦争に向かう機運。

terra cafe kenpouでは、平和、脱核兵器、脱原発の学習として9/28長崎日帰りバスツアーを企画しました。
この企画の発端は、20代30代の若者たちが感じた憲法の改正に対する不安感にあります。
現在、続々と申し込みが来ておりますが、まだ席に余裕があります。
ご家族やお友達お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。お申し込みお待ちしています。

日時 9月28日(土)8時(天神日銀前集合)、20時30分帰着予定
内容 原爆資料館見学、被爆者からのお話し、岡まさはる長崎平和資料館見学、同所で被爆二世からのお話しなど。
なお、昼食は「長崎ちゃんぽん」、夕食は「絶品海鮮丼」を予定しています。
参加費用 5000円 (交通費+入館料+昼夕食)
       中学生以下2500円
主催 原発なくそう!中央区の会、terra cafe kenpou 、中央区九条の会
申し込み 大橋法律事務所 http://www.ohashilo.jp/mail.html
posted by 後藤富和 at 08:11| 平和