2013年08月09日

こんな人が近くにいたら嫌だ

安倍総理は、参院選で憲法改正のルールを定めた憲法96条の改正が実現できなかったことから、次は、ルールではなく審判を替えるという暴挙に出ています。
8/8朝日新聞「天声人語」がその辺のことをきちんと伝えています。
以下に引用します。

天声人語(朝日新聞8月8日朝刊)
「法匪」という、ふだんはほとんど使われない言葉がある。広辞苑によれば、匪は賊を意味し、「法律を絶対視して人を損なう役人や法律家をののしっている語」だ▼「法の番人」と言われる内閣法制局も、かつては法匪と呼ばれた。長官経験者がそう述懐するのを聞いたことがある。自衛隊と憲法との関係が争われた時代、違憲論を唱える陣営から浴びせられたという。合憲とする法制局は敵役だった▼時代は変わった。こんどは反対側から目の敵にされているようだ。同盟国の米国のために、集団的自衛権を行使できるかどうか。法制局は一貫して憲法9条の下ではできないとしてきた。行使できることにしたい安倍政権は不満である▼そこで奇手に出た。トップの交代だ。きょう、新しい長官に外務省出身の小松一郎氏をあてる人事が閣議決定される。法制局の経験はない。内部から昇格させる慣例を覆した。憲法解釈を変えて行使を認めるようにする。その布石という▼無理筋だろう。長年、9条の意味はこうですと言ってきたが、やっぱりそれは違ってました、実はこういう意味でした…。こんな気まぐれな言い分が通るなら、日本は法治国家なのかと疑われる▼そもそも法制局はいわば助言機関であり、内閣の一組織にすぎない。これまでの憲法解釈を最終的に決めてきたのは歴代内閣、多くは自民党政権である。それを変える先頭に、一つの役所を、一人の個人を立たせよう。そんな考えなら、姑息のそしりを免れまい。

自分に都合よくルールを変えたり、審判を変えたりする人とは、ゲームやスポーツを一緒にやりたくない。こんな人とは友達になりたくない。こんな人が身近にいたら凄く不愉快になる。そんなこと子どもの世界でも当たり前。
でも、人間としての基本的ルールすら守らずワガママを押し通すお坊ちゃん首相がチヤホヤされる変な国。大人になりきれない国。そのお坊ちゃんに振り回されて、幼い我が子達が戦場で血を流すことになる。
posted by 後藤富和 at 21:02| 平和