2013年08月04日

【大牟田】中国人殉難者慰霊碑除幕式

三井三池炭鉱宮浦坑中国人殉難者慰霊碑の除幕式兼第一回慰霊祭に出席しました。

68年前ここで働かされた崔書進さん(90歳、満年齢で88歳)、康健弁護士、遺族が中国から来日。
この炭鉱では14歳(満年齢で12,13歳)で中国から連行された少年も働かされました。
駐福岡中国総領事館領事も出席しました。中国と日本は一衣帯水の関係にある、中日両国の恒久の友好関係を築くためには、過去の不幸な歴史をきちんと認識し、その教訓を学ぶことで未来に向かうこと。今、中国と日本の関係は良好とは言えない。このような時こそ民間交流が重要であると訴えました。
大牟田市長も中国人殉難者に哀悼の意を述べました(大牟田市職員が代読)。この地で多くの中国人が故郷を離れ殉難したことは大牟田市民にとって忘れてはならない出来事ですと述べました。
康健弁護士は、中国人労働者が再びこの地を訪れた時に、涙を流し斜坑の線路にしがみついて立ち上がれなかった。時を経ても傷が癒えていない。そんな中、慰霊碑を建立した日本の人々の気持ちは中国人労働者を慰謝するものであると述べました。
他にも、中国人強制連行強制労働事件弁護団、日中友好協会からもスピーチがありました。
参列者みんなで献花、参拝。
写真.JPG

写真.JPG

写真.JPG
日中不再戦の思いを強くしました。
posted by 後藤富和 at 12:01| 平和