2012年04月17日

グリーンカーテン準備B〜種を植えるための土づくり〜

4月17日
天気:晴れ
最高気温:20.6度
最低気温:12.1度

日光消毒の終わった土・・・

日光消毒させた土.JPG

次はこの土を
「種を植えるための土」に変えていきます♪

@準備するもの

準備するもの.JPG

・日光消毒の終えた土
・プランター
・土の再生材
・鉢底石
・ネット
・スコップ
・軍手
・汚れてもいい服
・マスク

古い土に土の再生材を混ぜることによって
土がよみがえります。


花屋さんに話を聞いたところ

再生材を使用しない場合であれば、
日光消毒をした土に、
元肥や苦土石灰を混ぜ、
腐葉土を足したりすると良いでしょう、とのことでした。

再生材を使用する場合は、
石灰などを混ぜる必要はないそうです♪

具体的には
土を柔らかくする・抗菌・ph調整・元肥の追加
の役目を果たしてくれるのだそうです。

グリーンカーテン2年目なので
プロの方の話を聞くと
なんだか安心しますね(^^)v

A鉢底石の準備

まず、
鉢底石を
ネットに入れます。

鉢底石をネットへ.JPG

プランターの底には
水はけなどを良くするために
鉢底石を入れるのですが
ネットに入れて使用する理由は
後々の処理を楽にするためです。

土を再利用する際に
プランターをひっくり返し
分別作業を行いましたが
石をネットに入れておけば
石だけ分ける時に便利ですよね。

取り出したネット入りの石は
そのままネットごと水で洗って
天日干しをすることで簡単にリサイクルすることができます。

そのためにあらかじめ
ネットに入れておくと便利なのです。

ネット.JPG

ネットに入れた後はプランターの底に敷きます。

ネットをプランターへ.JPG


B土にリサイクル材を混ぜる

古くなった土のリサイクル材.JPG
古い土に対して10%から15%のリサイクル材を混ぜます。

古い土へリサイクル材を混ぜる.JPG


Cプランターへ土をうつす

まずは土づくりをした際に
分けておいた石や大きめの土を
鉢底石の上に敷きます。

石や大きめの土.JPG

次に
混ぜ終えたBの土を
プランターに入れていきます

混ぜた土をプランターへ.JPG

土をならしたら
土は完成です。ぴかぴか(新しい)

完成土.JPG


以上で
「種を植えるための土づくり」は完了となります。

そこで、
昨日届いたパッションフルーツの苗を
早速植え替え。

パッションフルーツ苗.JPG

いきなり環境がコロコロ変わって
パッションフルーツの苗もびっくりしてそうですが、
何事もなく
無事に根付いてくれるといいな(^^)

パッションフルーツ苗植え替え.JPG



一方、こちらは
昨日から
水につけてるゴーヤの種です。

ゴーヤの種2日目.JPG

2日目変化なし。

事務局T
posted by 後藤富和 at 13:39| グリーンカーテン2012