2014年11月10日

【明日】セクシャルマイノリティの権利

毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。
明日11月11日のterra cafeでは、FRENS(Fukuoka Rainbow Educational NetworkS)代表・石崎杏理さんを講師にお招きして、「セクシャルマイノリティの権利」についての学習します。
石崎さんはこれまで、多様な性が尊重される社会を目指して、街頭アクションや講演会、当事者やその家族の居場所作りなどに取り組んでこられました。
統計によると、自分の身体や性別に何らかの違和を覚える人は、人口の3〜5%、大体20人に1人程度だとされています。
学校のクラスに例えれば、1人もしくは2人くらいはセクシャルマイノリティだということになります。
しかし、私たちの社会は、多くの場面で「男」「女」といったくくりでわけられてはいないでしょうか?
男性は「男らしく」、女性は「女らしく」ふるまうことが、よしとされる社会でもあります。
しかし、「らしさ」ってなんでしょう?
セクシャルティの在りようは、「赤」「青」のように単純に分類できるものではなく、虹の色のように多彩であり、人によって様々です。
「らしさ」に縛られることなく、自分と違うセクシャリティを持つ他者を尊重し、私たち一人一人が自由に生きる為には?
石崎さんにお話をうかがいたいと思います。
お楽しみに!

日時 11月11日(火)19時-21時
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
参加無料
※なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします。
http://blog.ohashilo.jp
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)
今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--
posted by 後藤富和 at 20:44| 人権