2014年10月18日

慰安婦問題

「慰安婦」問題と性差別〜現代家族の多様性からジェンダー問題を考える(木下直子講師)に参加しています(ふくおか自由学校)。

ここ最近、腹立たしいのは、吉田証言問題を契機に慰安婦の存在自体をもみ消そうとしている動きです。
慰安婦の存在が明るみに出る一つのきっかけにすぎない吉田証言を取り消すことがなぜ従軍慰安婦がなかったことになるのでしょうか。慰安婦の存在自体は他の物的証拠や証言で事実として争いようのないものです。
それなのに、問題提起となった一つの素材の信用性がなかったことで、問題の全体をもなかったことにしようとするなど、論理の飛躍も甚だしすぎます。
朝日新聞の記事訂正のやり方もまずかったですが、それに乗じて、自分たちに都合の悪い事実をここぞとばかりになかったものにしようとする安倍氏や石破氏の節操のなさには呆れます。
しかも、吉田証言を検証する特命委員会委員長に中曽根康弘氏が就任しましたが、中曽根氏は、自身が寄稿した「終わりなき海軍」の中で「三千人からの大部隊だ。やがて、原住民の女を襲うものやバクチにふけるものも出てきた。そんなかれらのために、私は苦心して、慰安所をつくってやったこともある。かれらは、ちょうど、たらいのなかにひしめくイモであった。卑屈なところもあるし、ずるい面もあった。そして、私自身、そのイモの一つとして、ゴシゴシともまれてきたのである」と慰安婦集めに苦心したことを(自慢話として)披露しています。
本当、この国のことが嫌になります。安倍氏や麻生氏、石破氏がリーダーであるこの国にはどうしても誇りが持てません。
ドイツのワイツゼッカー大統領は「後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険に陥りやすいのです。」と演説し、これが、のちに「記憶・責任・未来基金」の創設につながりました。
日本のリーダーに必要なのは不都合な過去に背を向けずにきちんと向き合う、このワイツゼッカーのような姿勢だと思います。

ワイツゼッカー大統領演説「荒れ野の40年」全文
http://ameblo.jp/study2007/entry-10236801513.html
posted by 後藤富和 at 19:52| 平和