2014年10月17日

【福岡県弁護士会】憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会(11月22日)

本日、福岡県弁護士会会長の代理として、11月22日(土)に開催する福岡県弁護士会主催の「憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会」のチラシを、平和運動を行う市民団体に配布して来ました。
九電本店前で脱原発の運動をしている「原発とめよう!九電本店前ひろば」や、日本と中国の不再戦の活動に取り組まれている「日中友好協会福岡支部」にもチラシを持って行きました。
写真.JPG
11月22日(土)はサウンドデモ(パレード)も行います。
プラカードや楽器、派手な格好で賑々しくご参加ください。
子ども達を戦場に送らないために声を上げて行きましょう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【福岡県弁護士会主催】憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会
1122nowar1.2 (2).jpg
 2014年7月1日、安倍内閣は「憲法の考えかた」を変えて、「集団的自衛権を認める」という方針を決めました。
 国のかたちを定めた最高法規「憲法」。その日本国憲法9条では「日本は戦争をしない」と書かれています。これは、歴代の政府が長年繰り返し確認してきたポイントです。立場が異なる人の意見を聞きながら議論をして、多くにほとが納得できる結論を出すのが、民主主義国家としての本来のやり方のはず。国民の声を無視して、議論もないままに内閣の判断だけで集団的自衛権行使を決めてしまったことは大問題です。
 私たち福岡県弁護士会は法律家団体として、憲法の存在意義を失わせる、安倍内閣の閣議決定を認めることはできません。この問題は、弁護士だけでなく、この国に住むすべてのみなさん一人ひとりにとって重要です。
 みなさん、一緒に私たちの未来を考えるために、集会とパレードに参加しませんか?
1122nowar.ura1 (6).jpg
日時 11月22日(土)
   集会:13:30〜
   パレード:16:30〜
場所 都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)
プログラム
1 基調講演「集団的自衛権閣議決定の問題点」
 ・青井未帆氏(学習院大学教授/戦争をさせない1000人委員会呼びかけ人)
 ・小林節氏(慶応義塾大学名誉教授)
2 パネルディスカッション「私たち戦争に行かなければならないんですか?」
 ・地元高校生代表
 ・地元大学生代表
 ・憲法学習市民グループ代表
 ・青井未帆氏
 ・小林節氏
 ・毛利倫(弁護士)
パレード(須崎公園→天神方面)
・DJが乗るサウンドカーも登場します。太鼓・鳴りものなどの楽器や、人目をひくかぶりもの、飛び入り参加も大歓迎です。

主催 福岡県弁護士会
共催 日本弁護士連合会、九州弁護士会連合会
協力 戦争を許さない福岡県民委員会、九条の会福岡県連絡会
お問い合わせ 福岡県弁護士会 電話092-741-6416
posted by 後藤富和 at 15:05| 平和