2014年09月13日

中国残留帰国者二世

中国残留帰国者二世の木村友和さんのお話し。

吉林省出身。
父親が中国残留孤児。
36歳の時に帰国した(現在54歳)

中国では体育の教師(スピードスケートの監督)をしていた。

子どもの頃、文化大革命で、日本人と分かると大変だったので、親は自分が日本人の子であることを隠していた。
1974年に日本人の子であることを知った。
1977年、父親の出身地である青森県に里帰りした。
1995年に帰国した。

日本語は帰国後センターで4か月習った。
その後、支援センターで日本語を勉強している。

体調を崩し2年前に仕事できなくなった。

帰国後は、道路工事の作業員など肉体労働の仕事をしたが、日本語でコミュニケーションを取るのが難しい。危険な仕事だし、言葉の問題で仕事上の誤解を招くことがある。
今は心臓病で治療を続けているが、病院で、医師と正確なやりとりをするのは難しい。医師とコミュニケーションが取れず、その場で娘に電話をかけて通訳をしてもらうこともある。

親戚がいるので中国に里帰りしたいがお金がなく6年に1度しか戻れない。

今は生活保護。ギリギリの生活。医療費がかからないのは嬉しいが、保護ではなく、仕事に復帰して自分の力で生活がしたい。
消費税が上がり、生活保護では生活が困難になってきている。

年金は、納付期間の関係でわずかしか支給されない。
二世の高齢化が進む中、年金で生活できるのか不安。
年金については帰国者ではない日本人と同じように扱って欲しい。
そのための年金期間不足を補う制度を作って欲しい。
posted by 後藤富和 at 15:51| 平和