2014年09月12日

言論封殺

朝日新聞のこの間のドタバタ、果ては社長の謝罪にはかなりの違和感を覚えます。
かつて外務省秘密漏洩事件(西山記者事件)で、沖縄返還を巡る日米の密約という重大な事件が、新聞記者と外務省女性官僚のスキャンダルというゴシップにすり替えられ、その結果、本来大スクープを掴んだ毎日新聞が見る影もないほど凋落して行きました。
今回の朝日新聞にも同じ匂いを感じます。
誤ちは許されませんが、それを素直に認めて訂正謝罪するという点は企業の姿勢として評価されるべきものだと思います。
しかも、今回の誤ちはそんなに大したものではありません。たとえば、慰安婦問題については、この問題が噴出してきた当初に取材源となった男性の証言の信憑性が欠けていたという程度のものに過ぎません。その男性の証言がなくても、慰安婦問題が存在したことは明らかで、いわば、どうでもいい瑣末な証言です。
それにも関わらず、他社は、鬼の首を取ったかのように、あたかも朝日新聞が慰安婦問題を捏造したかのようにはしゃぎ、慰安婦問題全体をデマだったとの印象を国民に植え付けようとしています。
本来、謝るべきは、慰安婦問題をなかったかのようにデマを流し続ける他社の方です。なのに、彼らは今も誤報と分かっていながら誤報を続け、国民を欺いています。
朝日はこのまま死んでしまうんでしょうか。
そして、この国には大本営発表をするマスコミだけが残るのでしょうか。
この国の裏で何が起こっているのか。
言論封殺という言葉がよぎります。
自分を律する自信がない人は、テレビのワイドショーやニュースは見ないことです。一方的に垂れ流される情報の中に身を置かないことです。
戦中に、大本営発表に狂喜していた国防婦人会のおばさん達の姿と、ダラダラとワイドショーを見ている人達に同じものを感じます。
この国はかなり前のめりに戦争に突き進んでいると感じます。
posted by 後藤富和 at 08:02| 平和