2014年09月10日

中村哲さん

福岡中央銀行本店1階ロビーでペシャワール会の写真展が開催されています。
写真.JPG
中村哲さんの活動には感服します。
金をあげるだけの援助ではなく、現地に行き、現地の人と暮らし、現地の人のためになることを、現地の人と一緒にやる。
中村さんがいなくなっても現地の人だけで生活していけるだけの知恵と技術を授ける。
安倍氏は、集団的自衛権行使こそが国際貢献(「積極的平和主義」)と言いますが、武力ではなく、現地の人たちと一緒にひたすら水を汲みつづけるペシャワール会のような活動こそ、真の国際貢献だと思います。
政治家ではなく、中村哲さんのような人にこそノーベル平和賞をあげるべきだと思います。
posted by 後藤富和 at 14:01| 平和