2015年02月04日

【有明海】国会通信195,196号

昨日、国会議員と農水省職員に配布した「よみがえれ!有明海・国会通信」195号、196号を大橋法律事務所HPにアップしました。
195号「”開門の間接強制”が最高裁で確定」
http://www.ohashilo.jp/active/ariake_pdf/ariake195.pdf
196号「敗け続けの国は控訴を取り下げよ!」
http://www.ohashilo.jp/active/ariake_pdf/ariake196.pdf
有明海の再生のための東京での行動は、私が弁護士になって間がない2003年2月頃からはじめました。
当時、1997年に諫早湾が潮受堤防で締め切られたこと(通称「ギロチン」)によって、諫早湾の問題は終わったものだとの認識が国会には蔓延していました。
それを、諫早湾締切後も漁業者達が深刻な漁業被害に苦しめられていることなどを国会議員に訴え国政の場で問題にしてもらうために、単身、東京に乗り込みました。新宿にウイークリーマンションを借りました。
当初は、何のツテもなく、東京やその周辺のどこかで環境問題に関する学習会などがあれば、そこに押しかけて、5分でも良いから有明海のことを喋らせて欲しいと訴えました。
そういう活動を続け、 徐々に東京の人達にも有明海の問題が広がり、その内、国会議員とのパイプも出来ていきました。
千葉県の海沿いの町で夜開催された環境問題の少人数の学習会に飛び込んで有明海の問題を訴え、深夜、電車で東京まで戻ったことを今でもはっきりと覚えています。
posted by 後藤富和 at 17:08| 有明海

友人のブログ

趣味仲間がブログで私のことを紹介してくれました。身近な人にこんな風に言われると照れますが、ご紹介します。
…………………………………………………………………

次の福岡県知事選挙に立候補を予定している後藤富和さんの集会に参加しました

後藤さんとは10年ほど前に自動車仲間のミーティングで出会ってから

公私共にお世話になっている先輩であり、大事な友人の一人です

苦学を重ねて弁護士となり念願だった最後のスカイラインGT−R(R34)をフルローンで購入してから10数年、、、

今でも仕事の足として、また趣味として楽しまれています

職業は弁護士です

そのスケジュールは数ヶ月先までいっぱいいっぱいに埋まっています

担当している裁判、依頼者からのいろんな相談、弁護士会で担当している仕事…

仕事は当然のことながら、全くお金にならないボランティアも率先して参加

むしろ、自分の私財を投じて活動されているライフワーク的な運動も多岐に渡ります

原発再稼動反対、諫早湾の開門訴訟、多くの公害問題、人権問題、自然の保全…等々


大きな活動だけでなく、PTAの画期的な運営から、子供達相手のイベント

依頼があれば手弁当でも講演会、テカカフェなどの勉強会

僕が知っているだけでも、よく体が持つなというほど、色んな問題に立ち向かっています


とにかく、正義感の強い方なんです

そして、困っている人を放っておけない人です


決意表明でも話されていましたが、自分の命は人のために使うもの!

と、子供の頃から考えられていて、実際その通りの活動をされています


近くにいるからわかるけど、ほんと欲のない人なんです

興味のあること、仕事でも遊びでも、自分が面白いと思うことに

一生懸命に勉強して人との付き合いを重ね、のめりこまれていきます


逆に、お金が儲かるようなことでも自分が面白いと思わなければ

全く興味も持たないし、かかわることもされません


いまどきめずらしい、仏さまみたいな人なんですよ


知らない人には、どうでもいい話なんですが

一度一緒に食事をするだけでも知り合いになってしまうと、

後藤さんの魅力に、人柄に引き込まれてしまうと思います

この日だけでも、そんな方々が数百人集まっていました


後藤さんは弁護士さんですが、年に数十回も国会へ出向いて様々な訴えや

活動、勉強会をしていて、国会議員とのパイプもいくつも持っています


これまでも中央、地方関係なく、政治の場への要請も何度もあったんです

だけど、自分は弁護士だから、弁護士として人の役に立ちたいと全部断っていました


なので、今回の決意表明は自分もびっくりしましたが

恩師であり師匠でもある、馬奈木弁護士の要請の強さもきっかけになったのでしょう

また、とにかく顔の広い人なので、沢山の声を受けての決意です


自分が政治家になりたいと思って立候補するのではないんです

断りきれないくらいの無数の声に後押しされて、その人たちのために

また子供達の未来のために役立ちたくて立候補を決意されたんです


後藤さんを知らない人にはそんな話、なんか怪しいよね裏があるんじゃないの?

なんて思われても不思議ではないですが、後藤さんを知っている人なら

僕が書いていることがすべて自然に理解できると思います



もしかしたら、いつかはこういうこともあるかと思っていたし

そのときは、できるだけの協力をしたいと常々考えていました



地元の新聞やTVでもこの様子が報道されました

まだやっと、支援者の前で正式に決意表明をしただけですが

選挙まで日にちは少ないです



少ないとは思いますが、福岡県内でこのブログをご覧いただいているみなさん

後藤さんを知っている人も知らない人も

まずは、そういう男が大きな決心をしたということは覚えて置いてください

そして、まわりの方々にこんな男がいるということを教えてください

よろしくお願いします
posted by 後藤富和 at 13:38| 日記

後藤とみかず笑顔プロジェクト始動〜後藤とみかず政策発表「子どもに残す笑顔の未来」〜

後藤とみかず笑顔プロジェクト始動
〜後藤とみかず政策発表「子どもに残す笑顔の未来」〜

子ども達に残す未来は、放射能の不安に怯える社会なのか。農業漁業が衰退し食料を外国に頼る社会なのか。テロの恐怖に怯える社会なのか。遠い外国で人殺しをさせられる社会なのか。

そんな社会を子ども達に残したくはありません。
_DSC2237.jpg
そうであれば、子ども達の未来に責任を負う大人として、やるべきことは決まっています。

子ども達に放射能や戦争の不安がない社会を作ることです。

原発再稼働にNoを突きつけること、集団的自衛権行使に全力で反対すること、この国の食料を破壊するTPPに反対すること、憲法改正に断固反対すること。
_DSC2366.jpg
私にはあふれるほどの夢があります。私たち大人は子どもたちにどんな未来を残してあげられるのか。戦争の恐怖に脅えない未来、原発の恐怖に脅えない未来、そして世代や性の違いに関係なく誰もが希望を持って安心して暮らせる社会。笑顔の未来を子どもたちに残そうではありませんか。
_DSC1736.jpg
私は子どもに残す笑顔の未来をテーマに6つの約束をします。
1 原発の再稼働は絶対に許しません
2 子育て世代を全力で応援します
3 男女がともに能力や個性を生かせる福岡県をめざします
4 子どもたちに豊かな自然を残します
5 子どもたちを戦場には送りません
6 県民の暮らしを絶対に守ります
_DSC2212.jpg
このお約束を実現し、子どもたちの未来のためにともにたたかっていきましょう。
_DSC2655.jpg
2月15日、後藤とみかずが子どもに未来を残すために取り組むプロジェクトを発表します。
ぜひお集まりください。
皆様の熱い気持ちが子どもの未来を変える大きな力になります。結集しましょう。
_DSC2064.jpg
後藤とみかず笑顔プロジェクト始動
〜後藤とみかず政策発表「子どもに残す笑顔の未来」〜
日時 2月15日(日)開場13:00、開会13:30-16:30
会場 日本生命博多駅前ビル8階Aホール(福岡市博多区博多駅前3-2-1・博多駅前西日本シティ銀行本店西隣)
主催 後藤とみかずとみんなで創る笑顔の福岡県の会

Facebook「後藤とみかずとみんなで創る笑顔の福岡県の会」に「いいね」をお願いします。
posted by 後藤富和 at 10:47| 日記

韓国の社会運動〜市民の力が街を変える

毎週火曜日に市民と弁護士が行っている憲法学習会「terra cafe kenpou」。
昨夜は、terra cafeメンバーの日高明子さんを講師に「韓国の社会運動〜市民の力が街を変える」をテーマに日高さんが実際に韓国を訪問し見聞きし感じたことを報告していただきました。
今回、日高さんが訪問したのは
*ソンミサンマウル
*ソウル市立青少年職業体験センター(ハジャセンター)
*非正規労働者センター
*ソウル市高齢者介護福祉支援センター
*青い夢介護福祉センター
*全国障害者差別撤廃連帯

ソンミサンマウルは、1992年に画一的な幼稚園保育に不満を感じた共働き夫婦25組が、お金を出し合い共同育児施設「私たちの子どもの家」を設立したことがきっかけ。アトピーの子どもの「アイスクリームを食べたい」という思いをかなえる為、共同でアイスクリーム製造器を購入しカフェを作るなど、「こうありたい」を地域ぐるみで実行しています。
ソンミサンする5ヶ条
1.わがまま歓迎
2.けんかワクワク
3.優秀なリーダーはいらない
4.仲間とのリスクは楽しい
5.意見一致をがんばるよりやってみる

ソウル市立青少年職業体験センター(ハジャセンター)は若年層の失業問題と「学校以外に集まれる場を」との市民の声が高まり設立。ソウル市の特化機能施設として、市の補助金を受けて運営しており、管轄はソウル市青少年課ですが、センターのスタッフは市の職員ではありません。センターでは、職員を「パンドル」(舞台を動かす人)と称し、役職は事実上存在せず、親しみやすいニックネームで呼ばれています。

ソウル市高齢者介護福祉支援センターはパク・ウォンスンソウル市長の公約で2013年に業務開始した韓国初のケアワーカー施設。
韓国では、ヘルパー(療養保護者)の有資格者は123万人(男性8.7% 女性91.3%)ですが、実際に就労しているのは25万人にすぎず、平均年齢56歳。ほとんどが非正規雇用労働者。月給80万ウォン以下が7割を占めます(看護師の3分の1、社会福祉士の半分程度)
社会的評価は低く、介護以外の家事労働を強要され(家政婦あつかい)、セクシャルハラスメントなどの被害を受けることもあるそうです。
センターは、「介護する側が幸せでなければ、質の高い介護はできない」として、介護文化の認識改善に取り組んでいます。
全国障害者差別撤廃連帯では「障害等級の廃止」と「扶養制度の廃止」に取り組んでいます。
驚いたのは、障害の程度によって等級でわけているのは、世界の中で日本と韓国だけということ。医師の診断による等級ではなく、当事者個人のニーズに応じた支援計画が立てられるべきだとの考えから障害等級の廃止を求めています。
また、個人の自立を妨げるとして、家族に扶養義務を課す扶養制度の廃止も求めています。

パク・ウォンスンソウル市長を先頭にソウル市が脱原発にシフトしている状況についても報告していただきました。
日本の自治体の首長の多くがエネルギー政策は国が決めることとして自治体の長として国に追従する姿勢でいるのに対し、ソウル市長は、エネルギーの消費地であるソウル市だからこそ、エネルギー政策についても声を上げるべきとして、市長が先頭に立って脱原発運動を行っています。
福岡県も圏内に原発はないから県政の課題ではないと逃げるのではなく、九州最大の電力消費地であり、かつ玄海原発に事故があった場合甚大な被害を被る危険性が極めて高い地域であることから、500万人県民の生命と健康、暮らしを守るために国と九州電力に対して声を上げていくべきだと思います。

大変多くの方にご参加いただきました。部屋に入りきれず隣室での参加となった皆様にはご迷惑をおかけしました。

来週は詩人のアーサー・ビナードさんを講師に「おめでたいニッポンに、春は来るのか?」をテーマに現在の日本の状況を語っていただきます。
来週は会場、および時間が異なりますのでご注意ください。

箱崎まちなか九条の会発会記念アーサー・ビナード氏講演会
「おめでたいニッポンに、春は来るのか?」
講師 アーサー・ビナードさん(詩人)
日時 2月10日(火)18:30
場所 勝楽寺(福岡市東区箱崎3-9-48)
会費 1200円
どうぞお楽しみに。

【これからのterra cafe kennpouの予定】

2月10日(火)18時30分 箱崎まちなか九条の会発会記念アーサー・ビナード氏講演会「おめでたいニッポンに、春は来るのか?」(会場:勝楽寺(東区箱崎3−9−48)、当日1200円)

2月17日(火)19時「15年戦争のはじまりと満州国建国、日本と満州国皇帝溥儀」岩佐英樹(元高校教師)

2月21日(土)13時 やま・かわ・うみ・そらフェスティバルin九州 九州公害被害者総行動実行委員会(会場:天神エルガーラ中ホール、参加費300円)

2月24日 (火)19時 平頂山事件 高尾翠(中国近代史研究者)

3月3日(火)19時 憲法講座4「包括的基本権と法の下の平等」三好有理(弁護士)

3月10日(火)19時 ヘイトクライムを考える

3月17日(火) 憲法講座5「精神的自由権」八木大和(弁護士)

3月22日(日)14時 「満州国」の光と影 熊野直樹(九州大学大学院教授)、緒方用光(元日本ヘラルド九州支社長、元満州映画協会社員) 会場 大名クロスガーデン、 参加費500円

3月24日(火)19時 お休み

3月31日(火)19時「地方創生のカラクリ〜あるべき地方自治とは」 宮下和裕(自治体問題研究所)

4月7日(火)19時 「留学生から見た日本」 留学生

4月14日(火)19時 「破壊される医療と介護」岡崎誠(福岡県歯科保険医協会)

4月21日(火)19時 憲法講座6「経済的自由権、人身の自由、国務請求権と参政権」清田美喜(弁護士)

火曜日夜の学習会の会場は光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目)です(2月10日、2月21日、3月22日は別会場です)。
予定は入れ替わるかもしれません。下記サイトでスケジュールをご確認ください。
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf
なお急遽会場変更になることもございます。変更の場合は下記サイトでご案内いたします
http://blog.ohashilo.jp/
参加費 無料
お問い合わせ 弁護士 後藤富和 Eメール gotou@ohashilo.jp
posted by 後藤富和 at 07:41| 人権