2014年09月09日

今夜のterra cafe kenpou

今夜のterra cafe kenpouは牧忠孝さん(福岡大学非常勤講師、元高校教師)を講師に「教育基本法改正の中で日本の中で起こっている出来事」をテーマに教育について学習をしました。18名が参加。

1「教育」とは一体何なのか。
豊かな人生を歩むための営みを保障する。
人間が自立していくための基礎として必要な知識・技能・意欲・ヒューマニズム精神などを習得する。
「学習権」学習によって人間らしく発達していく権利(学習権宣言、1985.3.29ユネスコ国際成人会議)
学習権とは、読み書きの能力であり、質問し分析する権利であり、想像し創造する権利であり、自分自身の世界を読み取り歴史をつづる権利であり、あらゆる教育の手立てを得る権利であり、個人および集団の力量を発達させる権利である。
教育の本質は、学習者が自ら成長発達することを側面から援助すること。

2 安倍晋三の教育「改革」への執念
1997 「新しい歴史教科書をつくる会」の応援団「若手議員の会」事務局長
2006 教育基本法「改正」強行、「教育再生会議」設置
2012 自民党総裁就任、党内に「教育再生実行本部」設置
2013 諮問機関「教育再生実行会議」設置
2014 教科書検定規則・基準改定(政府統一見解の記載、内容強制)
教育委員会制度関連法案強行可決(教育の権力からの独立性剥奪)
大学改革
道徳の教科格上げ(予定)
小学英語開始3年から(予定)
マスコミ、教育、軍事を牛耳れば、国民を好きに支配できる。

3 (1947)教育基本法と(2006改正)教育基本法
改正法:主観的価値(「公共の精神」「主体的に社会の形成に参画」「我が国と郷土を愛する」「我が国の未来を切り拓く教育」)を押し付け。国家にとって都合の良い国民をつくる。立憲主義憲法観の転換。
憲法改正のリハーサル。

4 2006改正教育基本法とその具体化に走る安倍政権
国連子どもの権利委員会、国際人権規約委員会からの度重なる勧告(改善せず)

来週のterra cafe kenpouは
テーマ 「限りない未来を持つこどもたちのために地域で寺子屋はじめて13年」
講師 古谷信一さん(元教師、行橋市で寺子屋を開催)
日時 9月16日(火)19:00
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目)
参加費 無料
※学習会終了後希望者で交流会を行います(交流会参加費2000円。学生1000円、留学生500円)

今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf--

posted by 後藤富和 at 20:58| 平和