2014年07月23日

映画「ファルージャ」上映会

flier-a_01.jpgflier-b_01.jpg
中央区九条の会結成1周年記念
映画「ファルージャ」上映会

日時: 8月29日(金)18:30-20:40
会場: ふくふくプラザホール(福岡市市民福祉プラザ)
福岡市中央区荒戸3-3-39
映画: 「ファルージャ イラク戦争 日本人人質…そして」
http://fallujah-movie.com/index.html
(PG12指定)
解説: 「集団的自衛権の現実」近藤恭典弁護士
料金: 前売800円(当日1000円。学生・障がい者500円)
主催: 中央区九条の会、terra cafe kenpou、日本の科学者読書会

映画予告編
http://youtu.be/OOzPstWj6zA

中央区九条の会結成1周年を記念して映画「ファルージャ イラク戦争 日本人人質…そして」の上映会を開催します。

「集団的自衛権」の行使が現実化しつつある今日、この映画は集団的自衛権の現実を私たちに突きつけます。

イラク戦争の際、ファルージャで起きた人質事件。その背景にはイラクへの自衛隊派遣がありました。「自己責任」で人質を切り捨て人命を軽視した日本政府の対応は、憲法第9条を踏みにじり「集団的自衛権」を強行する安倍政権の姿と重なります。

ファルージャの戦闘は、アメリカ軍による住民虐殺事件に他なりません。しかも、アメリカ軍は劣化ウラン弾を使用し、イラクでは多くの奇形児が出生するなど後遺症に苦しんでいます。罪もない人々を世代を超えて苦しめるのがアメリカの戦争であり、そのアメリカの戦争に加担するのが「集団的自衛権」行使です。その結果、世界中の「苦しめられた人々」から将来にわたって日本人は恨まれ続けることになります。
「平和をめざす国、日本」のひとつの約束であり証明であった「兵器輸出三原則」を安倍政権は簡単に破ってしまいました。人と人とが殺し合う道具、戦争をする道具を世界中に売りまくって、金儲けをしよう、景気をよくしよう、としています。それこそが「集団的自衛権」行使容認と同じ目的にあるものであり、安倍政権がめざしているものと言うことができます。安倍政権の暴走を食い止めないとどうなるのか、どういう戦争を起こすことになるのか、この映画は教えてくれます。

何のためにこのような戦争に加わる道を作ろうとするのか? それによって今まで日本人が得てきたものがどれだけ失なわれるのか?そしてどれだけ多くの世界の人々を「敵」に回すことになるのか?

映画を見て考え、そうした動きを止め、押し戻す声を上げて行かなければなりません。

上映後、近藤恭典弁護士による「集団的自衛権の現実」について解説を行います(25分程度)。

ぜひ8月29日の中央区九条の会結成1周年記念「ファルージャ」上映会におこしください。お待ちしています。
チケットのお申し込みは大橋法律事務所(担当後藤)まで
TEL 092-512-1636/FAX 092-512-1637
メールフォーム
http://www.ohashilo.jp/mail.html

中央区九条の会結成1周年記念
映画「ファルージャ」上映会特設ページ
http://www.ohashilo.jp/fallujah20140829/
posted by 後藤富和 at 10:37| ご案内

昨夜のterra cafe kenpou

昨夜のterra cafe kenpouでは、廣末勝巳さん(元九州産業大学デザイン学科教授、画家)からお話しいただきました。
26人参加
「あなたが幸せに生きるためにやめるべき30のこと」を題材に先生の経験を踏まえてお話ししていただきました。
1 間違った人と時間を過ごさない
2 問題から逃げない
その人に合う仕事は必ずある。軸足がずれなければライフワークは見つかる。
3 自分自身に嘘をつかない
4 自分が願う大事なことを後回しにしない
自分と向き合わずに済む文化がある。そうすると自分にとって大事なもの、自分を大切にするという価値観が分からなくなる。
5 自分以外の誰かになろうとするのをやめなさい
誰一人として同じ人はいない。あなたはあなたらしいことが大切。そういうあなたを心底愛してくれる人がいる。
6 過去にしがみつかない
過去の成功体験に執着しても同じように成功するわけではない。展開が生まれない。
7 失敗を恐れない
大事なことを自分で決められなくなる。草食系男子。しかし争うことを思考せず物事を解決する若者も現れており進化ともいえる。
8 失敗しても自分を責めない
失敗は探索、研究の一部であり、体験の質を深めてくれる。失敗をしない人はクリエイティブなことができない。
9 幸福をお金で手に入れようとしない
経済的状況から自分の突破口が開けないと思い込むと開けないことがある。必ずしもお金が幸せになれない原因とはいえない。
10 自分の幸せのために誰かに依存しない
依存は前に向くことができない。一緒にいながらも自分お世界がきちんとある。
11 意味もなく怠けない
行動することには常にリスクがつきまとう。リスクレベルが高くないと良い仕事ができないし、前進力が落ちていく。
12 今はまだ無理だと決めつけない
あなたが変わるためにチャンスが現れた時はチャレンジする。チャンスが来ているのにやらないのはマイナス。
13 異性と間違った関係を持たない
寂しいからではなく、あなたに相応しいか。
14 過去の失敗を理由に新しい出会いを否定しない
存在の根底から否定する危うさ。
15 他人と競わない
過当競争は人生の何でもないところで無駄に競うこと。その人の本質にとっては関係ないこと。あなた自身の記録更新を意識することが大切。
16 他人を妬まない
妬みには奥行きがあり、どんなレベルの社会でも妬みがある。女性の成功を男性は徹底的にバッシングする。それは妬み。私が持っている物で誰もが羨む物ってなんだろうと思っているだけでも大事。
17 泣き言を言ったりいじけたりしない
適用的無意識をコントロールできない人。主語を理解しない、善悪を理解しない。主語を理解しない人が人を非難した時、その非難の行き着く先は自分。
18 根に持つことをやめなさい
憎しみを抱き続けると、憎しんでいる本人が一番ダメージを受けることになる。
19 人にあわせて自分の基準を下げない
日本の討論番組のレベルの低さ。呪いのように人を否定するのは議論ではない。人の意見を引き出すような議論が大切。その中で譲れない部分はきちんと主張する。
20 理解を得るために自分のことを説明しない
21 休憩も取らずに同じことに没頭しすぎない
打ち込むことは大事だが、時々は明快な距離を持って自分のやっていることを見返さないとミスを生む。距離感、緩急が必要。
22 なにげないひとときの美しさを見落とさない
それは美意識。人生最高の瞬間に大切な人がいる名状し難い時間に自分の道を発見する。心の奥行きを自在化する。良い音楽を聴き、良い絵画を観て、自分の中を膨らませて行く。日本の政治家にはそれを感じない。
23 ものごとを完璧にこなそうとしない
時代を動かすテーゼやシステムを作り上げる場面では完璧主義ではなく、現場主義から生まれる。
24 安易な道を選ばない
良い仕事をしようと思えば安易な道はない
25 物事がうまくいっている時、問題ないふりをしない
自分のことが自分が一番分かっているので、解決しなければならないことは解決しないと気持ち良く過ごせない。
26 自分の苦しみを誰からのせいにしない
責任転嫁の癖がつくと問題は解決しなくなる
27 八方美人になるのをやめなさい
自分の嘘につながる。矛盾やズレ、いずれ燃え尽き自分がなくなる。内部矛盾が起こり一人になったとき自責の念に苦しむ。たった一人で良い、その人を笑顔に変えられるように。
28 悩みすぎるのをやめなさい
参考にすべき人物が周りにおらず社会に出て行くことを前向きに捉えにくい。大人がハツラツとクリエイティブに生きていない。
29 起きてほしくないことに執着するのはやめなさい
子どもに失敗して欲しくないとして母親は子どもに否定的な言葉を発する。そのため子どもの自由を奪う結果となっている。母原病。子どもの創意工夫、思考力を奪っているのは親。そのことに親が気づいていない。
30 感謝しないことをおやめなさい。恩知らずをやめなさい
人が人の存在を認めることができるような気持ちになれているとすれば、その人は感謝することができている。感謝して生きると、気づいた時には自分が感謝される存在になる。

日本の政治家はすぐに分かる嘘を平気でつく。原発はコントロールできていると嘘をついてまでオリンピックを誘致する。時間的な意識がない。

恨み続けるのはやめた方が良い、恨みが昇華され表現に転化するのはエネルギーにつながる。

政治家にポエムがない。
誰を王様に選ぶのかは、民主主義じゃない。王様を選ぶんじゃない。国民が政治家を育てるという意識が大切。
論議が下手。むしろ教育の中で論議することが否定されて来ている。生徒が先生に論議を挑むことが否定されている。

日本は水と文化はタダという意識が根強い。文化を育てるという意識。
音楽や芸術など文化の世界では日中韓の摩擦は感じない。

庶民レベルでは日中韓の交流がうまく行くのに、中間に政治家が絡むと上手くいかなくなる。

情報を共有できる場が必要。


来週再来週は2週連続で原爆被害について学びます。

日時 7月29日(火) 19:00-21:00
学習会終了後希望者で交流会を行います(参加費2000円。学生1000円)
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目)
テーマ 広島原爆
講師 安河内信人さん(日本の古い駅舎を守る会代表)

今後の予定
http://www.ohashilo.jp/pdf/TerraCafeKENPOU.pdf
posted by 後藤富和 at 08:26| 平和