2014年07月04日

外国のために戦争

「集団的自衛権。それは、外国のために戦争をすること。」日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/self-defense.pdf
posted by 後藤富和 at 23:16| 平和

第9回裁判意見陳述】作家・早乙女勝元さんの意見陳述

【第9回裁判意見陳述】作家・早乙女勝元さんの意見陳述書です。
原告 早乙女 勝元

第1 はじめに
私は作家の一人でして、著書150冊ほど、そして「東京大空襲・戦災資料センター」の館長を仰せつかっております。
私がなぜこの訴訟に参加したのか、なぜ、今日、意見陳述をするのかを理解してもらうためには、まず、私どもが、けんめいになって語り継いでいる『東京大空襲』とは何か。それを少しご説明しなければなりません。『東京大空襲』のことを、この場でお話しすることで、戦争と原発に共通する問題性がはっきりわかるとともに、両者の決定的な違いも明らかになるからです。

第2 東京大空襲が起きた背景や当時の状況
1944(昭和19)年、今から70年前になりますが、日本が仕掛けた戦争の形態が、がらっと変わりました。それまでの戦場は海の彼方にあって、日本軍は「東洋平和」を旗印に、海を越えていったわけですが、その戦場が、国内の都市部へと飛び火したのです。
当時の日本の国土は「銃後」と呼ばれていましたが、なぜ戦場化したのかといえば、アメリカが日本向けに開発した爆撃機B29の登場によってです。

もはや戦局は下り坂でして、東京から2300キロ地点のサイパン、テニアン、グアムの3つの島が、B29の前線基地となり、ここを飛び立つB29は、東京を主にして、日本中の都市をターゲットにすることができました。

そして、不気味なサイレンの鳴りやまぬ日々となり、戦争最後の年を迎えます。

わが家は、東京下町の向島区(現墨田区)にあって、私は12歳。今でいう中一の生徒ですが、少国民も勤労動員で、隅田川沿岸の大鉄工場で、手榴弾作りにあけくれていました。
日本は神国と教えられ、やがて神風が吹いてくれると信じていましたが、連日連夜の空襲で、地方にツテがないため疎開もできず、神風を待って東京に踏みとどまっていました。

第3 空前絶後の被害を出した東京大空襲 
東京はB29による空襲が100回余もありましたが、ケタ外れの人命被害を出したのが、1945年3月10日未明の、東京大空襲です。その夜、300機ものB29が、超低空で東京下町地区を襲い、新型のナパーム性焼夷弾1700トンを、雨アラレとぶちまけました。折からの北風にあおられた火災は、またたくまに燃え広がって、超人口密集地帯の木造家屋をなめつくしていくことになりました。
私たちは火の粉の激流を掻きわけながら逃げましたが、焼夷弾の一発はすぐ左側の電柱に突き刺さり、電柱がマッチ棒のようにばっと火を噴き、すぐ前を走っていた男が、火を振り払おうとコマみたいに回転している光景を、忘れることができません。生きるも死ぬも紙一重でした。

ある母親の体験ですが、突然、背中の子どもが、ギャーッと異様な声で泣きわめき、あわてて子どもをおろして胸に抱くと、口の中が真っ赤っ赤。血じゃありません。火の粉が泣いている口ん中に入って、喉をふさいでカーッと燃えている。それを指で掻き出しながら、逃げたといいます。

まさに地獄の業火の中を、人びとは逃げまどい、一瞬のうちに火だるまになっていったのです。爆撃は二時間余で終了しましたが、猛火は下町の大半を焦土に変え、100万人が家を焼け出され、死者は10万人で、そのほとんどが、男たちを戦場に送り出した留守家族の女性や子ども、お年よりたちだったのです。

世界の戦争史で、いかなる激戦地といえども、こんな短時間で、これだけの将兵が失われた例はありません。人類史上空前の大量殺戮都市は東京であり、沖縄の地上戦に広島・長崎の惨禍と続くのです。

第4 戦争の終結と私の進むべき道
3月10日正午、焼け残りの家のラジオは、東京大空襲による政府発表を告げましたが、その中に、私の承服できぬ一行があります。「都内各所に火災を生じたるも、宮内省主馬寮は2時35分、其の他は8時頃迄に鎮火せり」で、100万人の罹災者と、10万人の都民のいのちは、「其の他」の三文字で片付けられたのです。

当時の民間人は、「臣民」「赤子」「民草」と称され、人権など爪のアカほどもなく、雑草並みの存在でしかなかったのです。

B29による無差別爆撃は東京から、名古屋、大阪、神戸、横浜と続き、五大都市爆撃が終了した6月以降は、中小地方都市爆撃へと移行。日本中のほとんどの都市がガレキだらけとなり、最後の止めが二発の原爆で、8月15日正午、やっと戦争が終わりました。

この年、1945年度の日本人の平均寿命は、男性23・9歳、女性は37・5歳でしかありませんでした。

敗戦の翌年、私は当時の国民学校高等科を終えて、町工場勤めのミニ社会人となりましたが、貧困家庭故に、大学はおろか高校も出ていません。自分で自分があわれに思える青春でしたが、もっとあわれな、炎の中に消えていった友のことを考えました。声なき友は、私に語りかけるのです。

「君だけは生き残らせてやろう。そのかわりに、戦争で命を絶たれた子どもたちのことを、語り継いでいってくれるかね。最後の一人になってでも、戦争絶対反対を叫び続けてくれるかね?」

「はい」とうなずいて、私の生きていく道は決まりました。

第5 東京大空襲を語り継ぐその後の活動 
1950(昭和25)年に、朝鮮戦争が始まると、あのB29が東京の横田基地、埼玉県の入間基地から出撃していきました。その爆撃の下がどうなっているのか。私はいたたまれぬ思いで、自分が過ごしてきた少年期の戦争を振りかえり、町工場に働きながら自分史『下町の故郷』を書き上げて、最初の著作となりました。20歳でした。直木賞候補作にすいせんしてくれる作家もいました。

1970年、私は「東京空襲を記録する会」の発足を呼びかけ、多くの文化人の協力を得て、美濃部東京都知事に陳情しました。革新都政の援助によって、全5巻からなる大資料集『東京大空襲・戦災誌』(菊池寛賞)を、三年がかりでまとめましたが、空襲を記録する運動は全国に波及して、各都市に記録する会が誕生、民間人の戦禍の記録を後世にという、大きな流れになっていったのです。

しかし、東京都議会の一部の勢力によって、平和祈念館建設計画は凍結され、やむにやまれず民間募金によって、現在の「東京大空襲・戦災資料センター」が開館にこぎつけたのは、13年前のことです。用地はある罹災者の無償提供によるものです。

言い出しっぺは私ですが、何事もすべては一人から始まることに、確信を持ちました。その一なる声に道理と感動がともなえば、無限大に広がっていく、ということ。一人は微力ですが、こだわって生きれば、それなりのことはあります。

第6 戦争を語り継ぐ人間がなぜ原発訴訟に参加するのか
その私は、東日本大震災による福島県の被災地に二度ほど調査入りをしました。南相馬市の小高区、「帰還困難区域」の浪江町ですが、息が詰まるほどの衝撃を受けました。

その惨状たるや、10万人が一夜で死んだ東京大空襲の焼け野原に似ていませんか、と聞かれました。たしかに酷似している点があります。それは、ごく当たり前の穏やかな日常を、一瞬にして非日常にしてしまう点です。10万人をわずか2時間余りで殺し尽くし東京の下町を瞬時に焦土と化した大空襲。

片や爆弾も業火も使わずとも、目に見えない放射能による健康被害によって、そこに住む人々を残らず立ち退かせ、ゴーストタウンに変えてしまう原発。フクシマで目の当たりにした崩れかけた無人の町並みの先は、まさに戦場を思わせる絶望的な荒廃状態でした。

けれど、原発問題と戦争や空襲とでは、決定的に違うことがあります。

8月15日、戦争終結の報と同時に、人びとは焼けトタンを拾い集めてきて、雨露をしのぐ場を確保しました。いわゆる壕舎生活があすこにもここにも。国破れても山河ありだったのです。

ところが、私の見た福島県の被災地では、それができない。放射能汚染が続く限り、この先、何十年、何百年、あるいは半永久的にその土地では生活はおろか、近寄ることさえできない。たかだか電気を生み出すためだけの原発のために、何世代にも渡って住み慣れた土地を奪われることなど、許されていいはずがありません。

生活の基盤たる故郷を失い、家族と離散し、生きていく上でのありとあらゆるものを根こそぎ奪われた人びとに、東京大空襲を生きのびた私の思いは重なります。一体何が収束か、原発の再稼働・輸出の政府の動きは、もってのほかです。戦争も原発も、絶対に次の世代に残すべきではありません。

東京大空襲、そして戦争を語り継ぐことをライフワークとしてきた82歳の私が、今、原発訴訟に参加し、原発なくせと訴えるのは、経済よりも命を優先する社会、「穏やかな日常」を安心して過ごせる社会へと変えたいからです。命ある限り、最後の一人になってでも絶対反対を叫び続ける気概を、この原発訴訟に参加している原告一人一人の皆さんとともに持ち続けたい。そのような思いで、このたび原告になったという次第です。今ならまだ間に合う。子どもたちや孫たちのために、もうひとふんばりするつもりです。
                           以 上
posted by 後藤富和 at 18:31| 環境

【第9回裁判意見陳述】原告・後藤文治さんの意見陳述

【第9回裁判意見陳述】原告・後藤文治さんの意見陳述書です。
第1 はじめに
私は,乳製品を作る企業に勤め,1966年5月に転勤で福島に来ました。その後福島で結婚し,二人の子供を育て,福島で定年を迎えた後は介護の仕事をしながら好きな釣りと家庭菜園をして48年間に渡って福島で暮らしてきました。この意見陳述では私のささやかな幸せや友人関係が原発事故によっていかに破壊されていったかについて述べさせていただきます。
第2 震災当時の様子
2011年3月11日の震災当時,私は,妻と長女と3人で福島市内にある団地に住んでいました。東京電力福島第一原発から北西に約60qのところです。私の家はたまたま固い地盤の上に建っていたためか,地震の被害はわずかでしたが,その後,食料品や水が不足するという過酷な日々が始まりました。私は,原発が爆発したことや避難指示区域が原発から20キロ,30キロと線引きされる様子をテレビで見ながら,福島市内には何の指示も出なかったので,私たちの住む場所は放射能汚染の心配はないのだと思っていました。
事故から数か月後,私は自宅の放射線量を測りました。すると室内で毎時0.5マイクロシーベルト,庭では1〜1.5マイクロシーベルト,樋から流れ落ちる水の所や側溝の砂は3〜3.8マイクロシーベルトでした。私はこの数値を見て,福島市内も危ない,政府は信じられない,ここで生活し続けていいのかと焦りました。自分も被曝している,自分の住む場所も放射能で汚染されていることを痛感したのです。
第3 友人との交流が断たれたこと
私は48年間福島に住み,多くの友と出会いました。私は釣りが大好きで,月に3〜4回,友人と渓流釣りや海釣りに出かけていました。息子が小さなころは息子も連れて行きました。相馬の海に行き,カレイやアナゴを釣り,家から30分ほどのところにあるきれいな渓流でヤマメやイワナ釣りを楽しみました。渓流釣りは,「朝駆け」といってよく釣れる夜明けころが勝負です。私は友人と夜明け前から出かけ,午前中の釣りを楽しみ,午後は山を下りながら四季折々の山菜を摘み,家に戻ってから釣った魚や山菜を調理し,それをつまみに酒を飲みました。気の置けない友人と夜遅くまで釣りの自慢話や政治談議に花を咲かせ,怒ったり笑ったりして過ごす時間が本当に好きでした。
私には30年来の釣り仲間で米農家の友人がいます。私は彼の作る米が美味いので,毎年毎年買って食べていました。私は彼の米をもっと美味しく食べる為に,10キロずつに分けて精米し,精米したばかりの米を炊くようにしていました。
しかし,震災後,私は米への放射能汚染があることを知り,彼から米を買うことができなくなりました。私が彼に「もう米は買えねえんだ。すまねえ。」と言うと,彼は私を責めることもせず,ただ苦笑いしながら「そうだよな。仕方ねえな。」と言いました。私はそのときの申し訳ない気持ちと彼の苦笑いした表情を忘れることができません。
その後,彼とも多くの釣り仲間とも渓流釣りや相馬の海に行くことがなくなりました。決してケンカしたわけでも仲が悪くなったわけでもありません。ときどき会えば笑って話をするし,お互いのことを気にかけています。しかし,何か言い出せない,切り出してはいけない話題があるような気がして,酒を飲みながら釣りの話に花を咲かせていたころのような楽しさを感じることがなくなりました。自分たちが望んだわけでもないのに,友人との関係が少しずつ冷えていくような,消えていくような気がしました。
第4 収穫物を通した友人との交流が失われたこと
私は,家から5分のところに畑を借り,野菜を作っていました。農家の方が手取り足取り教えてくれて,すくすくと育つ野菜を見ていると,妻や娘に食べさせてやろう,福岡の息子に送ってやろうと家族のことを思い起こすのです。ようやく収穫の時を迎え,獲れたばかりのキュウリのみずみずしさは格別です。ホウレンソウも何もつけずにその甘味だけで美味しく食べられます。スーパーで買う野菜とは全然違うのです。
できた野菜は友人たちにもおすそわけします。「うまいのできたからな。食べてみてくれ。」と野菜を渡すと,友人からは「これ,うちで作ったやつだ。もってけ。」といって違う野菜を渡されます。たわいもないやり取りですが,お互いの成果を認め合うような気持ちがして,今思えば実にすがすがしいやり取りでした。
しかし,原発事故後,農作物への放射能汚染があることから,私は畑に行くことを止めました。しかし,野菜作りを続ける友人は「線量を測ってもらった。大丈夫だから…」と申し訳なさそうに野菜をくれるのです。私は「ありがとう」と言って受け取りますが,汚染が心配で,どうしても食べられず,悪いなあと思いながらもらった野菜を捨ててしまったことがありました。以前のようなすがすがしいやり取りが友人への後ろめたさや罪悪感に変わってしまいました。
第5 孫に福島を見せたかったこと
妻と長女と私は,長年住み慣れた福島の家を離れ,今年の3月,息子夫婦と孫が住む福岡に来ました。福岡に来た当初,公園で遊ぶ楽しそうな子どもの声が聞こえたとき,私は驚きました。私は,事故後の福島で,外で遊ぶ元気な子どもの声をずっと聞いていなかったのです。
私の孫はもうすぐ2歳になります。その孫は福島に来たことはありません。あの事故が無ければ,私は孫に「うつくしま」と呼ばれる福島の豊かな自然を見せたかった。私がかつて息子と行ったように,孫と一緒に山に行きヤマメを釣りたかった。相馬の海を見せたかった。そして,私達が福島で食べている同じものを,私が作った野菜を孫にも食べてもらいたかった。おじいちゃんやおばあちゃんが福島でどんな生活をしているのか,孫にも味わって欲しかったのです。
第6 さいごに
私はこの世に生を受けてから,社会の一員として真面目に人生を歩み,家庭を持ち,何十年とかけて人との絆を,信頼関係を築いてきました。家族,友人,同僚と,互いに助け合いながら楽しく人生を送ろうとしてきました。私が長い人生の道のりで作り上げてきた平凡でごく普通の生活,家族との暮らし,友人と行く釣り,酒を飲みながら交わすたわいもない話,友人の作った米やみずみずしいキュウリを食べ,野菜を渡しあう時の友との会話。これらが私のかけがえのない宝であり,私の最大の幸福です。しかし,原発事故は一瞬にして私の幸せを奪い去りました。私はその原発を憎んでいます。そして私は,誤った判断をし続けてきた電力会社と政府を信用していません。玄海の原発が,そして全国の原発が動くことは,どれだけの小さな幸せを奪うことになるのか裁判官に想像していただきたい。憲法は,一人一人を尊重し,それぞれの幸せを追求することを保障してくれていると聞きました。もう二度と私の小さな幸せを奪われたくない。原発を認めず,この私の普通の生活を保障していただけるようお願いしまして私の陳述を終わります。                   以上
posted by 後藤富和 at 18:24| 環境

【日弁連】新規制基準における原子力発電所の設置許可(設置変更許可)要件に関する意見書

日弁連は、2014年6月20日付けで「新規制基準における原子力発電所の設置許可(設置変更許可)要件に関する意見書」を取りまとめ、原子力規制委員会委員長、環境大臣及び経済産業大臣に提出しました。
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2014/140620_2.html

原子力規制委員会は、新規制基準には以下の点に関する審査基準が欠けているので、既設の原子力発電所についての設置変更許可の適合性審査を停止すべきである。

1 原子炉と周辺住民との間に、福島第一原子力発電所事故を踏まえた離隔がとられていること。

2 事故時に、周辺住民が安全に避難できる避難計画が策定されていること。
posted by 後藤富和 at 17:44| 環境

【日弁連】リニア新幹線意見書

日弁連は「リニア中央新幹線計画につき慎重な再検討を求める意見書」を2014年6月19日に取りまとめ、同月25日に国土交通大臣及び東海旅客鉄道株式会社代表取締役社長へ意見書を提出いたしました。

東海旅客鉄道株式会社(以下「JR東海」という。)のリニア中央新幹線計画について、@南アルプスをトンネルで貫くことなどによる自然環境に対する悪影響、A低周波音や強い電磁波の発生のおそれ、B工事に伴う残土等処理等の問題、C過大な電力消費、D交通機関としての安全性などから、様々な懸念が指摘されていることを踏まえて、以下の措置を求める。

1 JR東海の環境影響評価書に関して、国土交通大臣は、環境大臣の意見を踏まえつつ、環境影響評価法第24条の規定により、JR東海に対し、前記@ないしCの懸念等を徹底的に再検討した上、補正等が必要である旨の意見を述べるべきである。

2 国土交通大臣は、全国新幹線鉄道整備法第9条第1項の規定による認可のためにJR東海の工事実施計画を審査するに際しては、前記@ないしDの懸念が解消されるまでは認可をするべきではなく、リニア中央新幹線計画を慎重に再検討すべきである。

3 JR東海は、十分な情報公開を行うとともに、着工を急ぐことなく、前記@ないしDの懸念が解消されるよう、リニア中央新幹線計画を慎重に再検討すべきである。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2014/140619_4.html
posted by 後藤富和 at 17:10| 環境

環境問題と憲法(来週、再来週のterra cafe kenpou)

若者憲法学習会「terra cafe kenpou (テラ・カフェ・憲法)」では、毎週火曜日の夜、福岡市中央区天神のお寺に集まって様々な人権問題を題材に憲法の学習をしています。
来週と今週は「環境問題と人権、憲法」について学習します。

来週(7/8)は、
堀良一弁護士(よみがえれ!有明訴訟弁護団事務局長、ラムサールネットワーク日本共同代表)を講師に招き、諫早湾干拓問題や、湿地の保全、国際的な環境保護活動を題材に、環境問題と人権、憲法について学びます。

再来週(7/15)は、
後藤富和弁護士(福岡県弁護士会公害環境委員会委員長、日本弁護士連合会公害対策環境保全委員会自然保護部会前部会長)を講師に、諫早湾干拓問題、生物多様性保全、大飯原発判決を題材に、人格権(憲法13、25条)について学びます。

堀良一弁護士は、博多湾人工島問題に取り組み、現在は、ギロチン(諫早湾干拓事業)によって破壊された有明海の再生に取り組むとともに、環境保護NGOの代表として、わが国そして東アジアの湿地・生物多様性保全活動に取り組んでいます。
今年10月に韓国の平昌市で開催される第12回生物多様性条約締約国会議では、諫早湾の開門に対する日本政府の態度、ラムサールネットワーク日本や日本弁護士連合会の活動が注目されています。

ぜひご参加ください。若者でなくても遠慮なしにご参加ください。
お楽しみに。

月日 7月8日(火)、7月15日(火)
時間 19:00-21:00
学習会終了後希望者で交流会を行います(参加費2000円。学生1000円)
場所 光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3丁目)
テーマ 環境問題と人権、憲法
講師 堀良一弁護士(7/8)
後藤富和弁護士(7/15)
posted by 後藤富和 at 14:50| 環境

【明日】早乙女勝元講演会〜戦争も原発も二度とくり返すまじ〜

明日、「早乙女勝元講演会〜戦争も原発も二度とくり返すまじ〜」を開催します。
20140704早乙女勝元講演会チラシ最終_01.jpg
平和は特別なものではない。ごくありふれた日常なのだと思う。その日常が非日常に一変したのが3.11の原発による災害だった・・・東京大空襲の語り部として、戦争の悲劇を二度とくりかえしてはならないの思いを込めて、未来世代の明日のために、いのちの尊さを体験的に語ってきた作家・早乙女勝元さんが戦争・原発、平和について語ります。

【日時】7月5日(土)開会13:30
  受付開始13:00、16:00終了予定

【場所】光円寺本堂(福岡市中央区天神3丁目12−3)
地下鉄天神駅フタタ側出口より徒歩5分)

【チケット】前売500円 当日700円(中学生以下は無料)

【主催】「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団

【共催】中央区九条の会、原発とめよう!九電本店前ひろば、terracafe kenpou

早乙女さんは数多くの児童文学作品を世に出され、私も何冊か持っていますが、1977年に起こった米軍機墜落事故によって炎に焼かれた幼い2人の子の物語「パパママバイバイ」は子を持つ親として身を引きちぎられるような辛さを感じるとともに、政府やアメリカの態度に強い憤りを覚える作品です。

「康弘ちゃんは、やけどの痛みを伝えることばも知らず、ベッドの上で、全身ぐるぐるとほうたいに巻かれていました。目と口以外はまっしろで、かわいそうで、かわいそうで・・・。それでも、”パパ・・・・・パパ・・・・・・”と、かすれた声で、何度も何度も呼んでいました。明け方ちかくになって、なにか口ずさむような声が、ひくく、かぼそくきこえてきました。”ポッポッポー・・・”死線をさまようなかで、もう痛みもうすれてきたのでしょうか。それは、いつもおとうさんといっしょのおふろで、おとうさんが口ぐせに歌ってきかせた鳩ポッポのうたでした。歌を歌いなから、康弘ちゃんは・・・とうとう・・・息をひきとったのです。この世に生まれてきて、たった一年ちょっとの生命でした。」(「パパママバイバイ」より)

この場面の挿絵は、2時間前に息を引き取ったお兄ちゃんといっしょに康弘ちゃんが鳩といっしょに大空を飛びながら楽しそうに遊んでいるものです。ふたりとも包帯でぐるぐる巻ですが、背中に天使の羽根が生え、痛みからも開放された清々しい表情で空を上っています。

「集団的自衛権」を推し進め、この国が再び戦争への道を歩み始めている今こそ、多くの方に早乙女さんのお話を聞いていただきたいと思います。特に、将来、戦場に行くこととなる幼い子を持つママ達に聴いてもらいたいです。

是非ご参加ください。
posted by 後藤富和 at 11:05| 平和