2014年02月22日

terra cafeライブ

terra cafe kenpouでは、3月から4月にかけて、ハンセン病の問題についての学習を計画しています。映画を観たり、ハンセン病国賠訴訟の弁護団を招いて学習しようと考えています。その中で、ハンセン病元患者である原告の方から直接お話を伺うことを企画しました。具体的には、熊本市在住のミュージシャン宮里新一氏をお招きします。
宮里氏は、8歳でハンセン病を発症し9歳で療養所に収容されました。その後、一旦退院しますが、大学生の時に無理がたたって再発。手足に後遺症が残ってしまい、療養所に閉じこもってしまいました。ハンセン病国賠訴訟を契機に病気のことをカミングアウトして療養所を出て、今はミュージシャンとして活躍されています。
宮里氏に、ギターを弾きながらハンセン病や沖縄基地問題、平和、脱原発への思いを語っていただきます。
近日中にチラシなどを作成します。
皆様、お楽しみに。

日時  2014年4月26日(土)18:00-
会場  光円寺本堂(福岡市中央区天神3丁目)。
   ジャズライブなども開催される素敵な会場です(お寺の概念が吹っ飛びます)。
参加費 500円
主催 中央区九条の会、terra cafe kenpou、原発なくそう!中央区の会、浄土真宗本願寺派光圓寺
posted by 後藤富和 at 12:52| 平和