2014年02月16日

病院で憲法講演

熊本県の菊陽病院で、憲法の講演を行いました。
病院の職員約200名が参加。
写真.JPG
1日使った職員研修の一環で、午前中最初の記念講演が私の話「戦争の足音が聞こえる いま『憲法』を考える」。真剣に聴いていただきました。「今の憲法は古くなったと聞いたけど」とか「押し付け憲法と言われているけど」など、質疑応答も充実しました。
その後、医師による特別報告。
・血管造影チームの取り組み
・キューバ医療見学報告
医療の素人である僕が聴いても興味深いお話でした。患者の権利オンブズマンの活動などに役立ちそうです。
キューバの報告も興味のあるもので、同国では、教育と医療は無料だそうで(憲法で保障)、人口あたりの医師の数は日本の3倍。平均寿命も先進国と同程度に高いそうです。
午後も研修は続きます。
posted by 後藤富和 at 12:23| 平和