2013年10月09日

西南学院大学で授業

西南学院大学で講義を行ってきました。
今日のテーマは「自然破壊の大型開発〜よみがえれ!有明海〜」、国営諫早湾干拓事業をめぐる問題についてDVDとkeynotte(マック版パワーポイント)を使ってお話ししました。
学生からの質問を沢山飛び出しました。
潮受堤防の締切(ギロチン)は1997年4月のことで、今でもニュースであの映像を見た時の衝撃は忘れません。ただ、今日の受講生は、当時3〜4歳なんですね。びっくり!
授業終了後は、学生気分を味わおうと西新の屯喜朋亭(どんきほーて)で定番のチキンカツ。
その後、来月講演を頼まれている小学校に行き打合せ。小学生と保護者を相手に自転車の危険性について講演を行います。色々とアイデアがわきました。
posted by 後藤富和 at 17:16| 日記